ロシア旅行まとめ。サンクトペテルブルグ、モスクワの詳細情報。ビザの取得、現地でのネット接続、お得な両替の方法などを紹介。物価も安く、思っていたより旅行のしやすい国でした


こんにちは、中山です

2019年の6月にロシアのサンクトペテルブルグとモスクワを旅行してきました

ロシアは、日本から遠いことやビザの関係で、名前の割に旅行先としては馴染みのない国ですが、実際に訪れてみると他のヨーロッパの国にはない独特な雰囲気があり、とてもおもしろい国です

物価も安く、治安もよく、インフラも整っていて滞在もしやすい国でした

世界的に影響力の強い国が、実際にどうなっているのか、実際に現地を訪れてみるのは、いい経験となるのではないでしょうか

今回訪れたのはモスクワとサンクトペテルブルグ。日本からは遠く、ヨーロッパに近い街です

ロシアは広大な国土があり、ヨーロッパから日本の直ぐ側まで陸続きでつながっていますが、今回わたしが訪れたのはモスクワとサンクトペテルブルグです

ロシアの第一と第二の都市で、ロシアの経済や政治はこの2つの都市が中心となって動かしているといっていいでしょう

ロシアは広大な国土がありますが、その大半がツンドラ地帯であったり、あまり人が住んでいない部分が多いため、ロシアのメインのエリアはこの2都市がある西側です

イギリスやフランスからの飛行機の路線も多くあり、東ヨーロッパからの電車も多く走っているエリアで、ヨーロッパからはとても行きやすい場所にあります

まずはビザを取得。ロシアビザは意外と簡単に取得可能。代行会社がおすすめ

日本人はロシアの滞在にはビザが必要なので、旅行の際にはビザを取得する必要があります

ロシアの中でも東側あるウラジオストクは特殊なビザで行くことができるので簡単な手続きで取得できますが、モスクワやサンクトペテルブルグを訪れる際にはきちんとしたビザの取得が必要です

かといって、ビザの取得もそこまで複雑ではなく、書類を揃えて大使館に提出するだけで取得をすることができます

過去にロシアビザに関する記事を書いたのでそちらを参考にしてみてください

関連記事: ロシア観光ビザまとめ。無料でつくることも可能。ビザセンターや代理店を使うほうがスムーズです

自分で取得する方法と、代行業者に任せる方法がありますが、私は代行業者をおすすめします

ロシアビザは直接大使館に時間どおりに行かなければならず、その手間を考えると代行業者に任せたほうが遥かに簡単です

今は物価が非常に安い。バックパッカーにもおすすめ

2019年現在、ロシアの物価は東南アジアと並ぶほどに低くなっています

数年前のクリミアの問題から他国からの経済制裁が始まり、ロシアのルーブルが急落したことがきっかけです

ロシア国民の方にはとても深刻な状況でしょうが、旅行者にとっては恩恵を受けることができてしまいます

パックパッカーとして旅行するのであれば、非常に安く滞在することができてしまいますし、一般的な旅行でも少ない予算で贅沢ができてしまいます

治安や衛生面は、特に問題ないでしょう

前述したように現在のロシアは経済的な理由でかなり追い詰められていますが、かといってそれで街に貧しい人が溢れていたり、人々の暮らしが荒んでいるということはない印象でした

町並みだけでなく、レストランやホテルも衛生面で気になるとことはありません

また、治安もかなりいい印象で、夜遅くまで女性が一人であるいている姿をよく見ました

特に、ロシアは北にあるということで夏は日照時間が長く、わたしが滞在したときには日没が22時、日の出が朝の3時という、ほとんど一日中明るかったです

そのため、どの時間でも大体人通りがあり、暗くて怖い、というようなことはありませんでした

ただ、注意点として、夜の7時をすぎると道端で酔っ払った人がかなり多く歩いている印象でした

ロシアと言うとウォッカを倒れるまで飲むという印象が事前にありましたが、まさにそのような絵に描いたようなロシアのイメージのようなお酒の飲み方をしているため、そういった酔っぱらいに絡まれることがあり、それがちょっと面倒でした

ロシア人は親切な人が多い。聞けばいつでも助けてくれます

私の偏見で申し訳ないですが、訪れる前はロシア人というと寒い国独特の無愛想な印象があったのですが、実際に訪れてみるとそんなことはまったくなく、とてもフレンドリーで親切な人が多いことが印象的でした

駅などで迷ったときは、あたりの人に聞くと大体丁寧に道を教えてくれますし、ホテルや飲食店などで不快にならない程度にちょっと話しかけられるとということもよくありました

わたしがホテルの場所がわからず迷っているときも、住所を見せるとそこに電話をしてくれ、そこまで連れて行ってくれるということもありました

愛想笑を全くしない人が多いため、はじめは何を考えているのかちょっと捉えにくい事が多かったのですが、滞在しているうちにロシア人の人柄の良さ、暖かさをいろいろな場面で感じました

訪れるシーズンで服装は注意。夏は意外と暑いです

私は6月に訪れましたが、意外と昼間は暑く、Tシャツ一枚で過ごせてしまうほどでした。

8月になるとさらに暑くなり、しかも日本と違ってかなり乾燥する気候のようです。

事前に、滞在期間の気候がどのようになっているのかきちんと確認したほうがいいでしょう

また、冬にはマイナス20度を下回ることもあるそうで、そういった時期に訪れるにはそれなりの装備が必要です

ただ、ロシアはそういった機構になることを想定して街や建物をつくっているため、いくら寒くなっても電車が止まったり、建物内がこごえるほど寒くなるなどと言うことはないようです

インターネットはスムーズ。ただLineは使えないので注意。カフェなどでは番号認証が一般的

ロシアは、アダルトサイトなどのサイトブロックはしてあるようですが、基本的にグーグルやフェイスブックなどは問題なく使うことができ、通信速度も早い場所が多いです

ただ、なぜかLineだけはブロックされているので使えないことがあるため注意しましょう

また、カフェなどではWifiが飛んでいますが、そちらを使う際に電話番号認証をしないといけない仕様になっていることが非常に多いです

旅行では現地の電話番号を持つことはないでしょうから、そういった認証を解除できず、使えない事があるのでそちらは不便です

私の場合、日本からこちらのSIMを購入していき、現地で使いました

こちらのシムではLineもブロックされていないので通常通り使うことができます

また、VPNを使うことでLineのブロックを解除することを可能です

さまざまなVPNのサービスがありますが、ただLineを使いたいだけなのであれば、VPNネコが無料で簡単かなと思います

クレジットカード支払いがかなり一般的。現金はそこまで使いません

2014年ごろ、ロシアはクリミアの関係で経済制裁を受け、その際にアメリカ系のクレジットカードがロシア国内で使えなくなりました

その時は現金がかなり一般的に使われていたようですが、2019年現在ではそういったクレジットカードのブロックは解除され、VisaもMasterもJCBも使うことができます

キャッシュレス化もかなり進んでいるようで、スーパーマーケットや駅のチケット販売機など、様々なところでカード決済が可能で、かなり一般化している印象です

本当に小さな個人経営のレストランのようなところでない限り、基本的にカード払いで支払い可能です

ロシアの通貨、ルーブルはそこまで多く持ち運ぶ必要はなく、基本的にカード決済で過ごすのが便利でしょう

また、ルーブルが欲しい場合は、街のいたるところに両替屋があり両替をすることができます

両替レートは場所によりますが、どこも手数料など多く取らずに、お得に両替できる場所があちこちにある印象でした

空港の両替屋も、特に悪いレートではありませんでした

日本円からルーブルの両替はさすがにレートが良くありませんが、ドルやユーロ、ポンドを持っていれば簡単にお得な両替をすることができます

移動は地下鉄とバス。グーグルを使えばどこまででも行ける

モスクワとサンクトペテルブルグは地下鉄が細かく張り巡らされていて、地下鉄に乗れば街のどこまでも簡単に行くことができます

特にサンクトペテルブルグは小さな町なので、地下鉄と徒歩で簡単に回れてしまいます

特に、旧共産圏の国は、核シェルターとして地下鉄をかなりきちんとつくっている事が多く、ロシアの地下鉄もかなりしっかりとした、そして深いところにつくられています

その雰囲気を味わうのも楽しいです

モスクワはちょっと大きな街なので、地下鉄だけでなくバスもグーグルマップを使って路線を調べるとより簡単に移動ができます

ウーバーも対応しています

ウーバーを使って移動も、安価で簡単です

言葉だけ注意。英語はびっくりするぐらい通じません。グーグル翻訳必須。キリル文字も読むのは大変

ロシア旅行で注意する点として、英語が全く通じないことは予め知っておいたほうがいいでしょう

本当に、How much?程度の簡単な単語ですら通じないことがよくあります

安い宿では、ホテルのフロントなども通じないことがあります

ロシア語を覚えるのはなかなか大変なので、事前にグーグル翻訳をスマホに入れておくと便利です

また、ロシア語圏は、アルファベットではなく、キリル文字が一般的に使われています

日本人には馴染みのない文字ですが、駅や通りの表記もこちらになっているのでそちらの読解にもなかなか難儀します

キリル文字も、通常のアルファベットと同じように音を表しているだけなので、勉強すればすぐに音読することは可能のようですが、短期の旅行ではむずしかしいかもしれません

長期的にロシア語圏や東ヨーロッパを旅行してみたいという人は、キリル文字の音読だけでもできるようにしておくと面白いかもしれません

街の雰囲気が最大の見所。それぞれの街が特徴的で街歩きだけで飽きません

ロシアは各都市の市長のような存在の人の力が昔から強かったらしく、昔からそれぞれの都市が独自の都市計画で発展してきたようです

今回訪れたサンクトペテルブルグとモスクワも、それぞれ個性的で他のヨーロッパのどの国にも似ていない独特の印象があります

街歩きをして、その街の雰囲気、人の様子、歴史を感じる場所などを見ているだけで飽きません

ストリートミュージシャンが多くいることも印象的でした。かなりレベルの高い演奏をしています

モスクワは、赤の広場は必見

モスクワの一番の観光地は、あの有名な赤の広場でしょう

街の中心地にあるので迷うことはないかと思います

クレムリン、グム百貨店、歴史博物館、ワリシイ大聖堂という、モスクワの主要な観光地はそこに全て集まっているので、回るのは簡単です

特にチケットなどはなく、ふらりと行くことができます

かなり観光客が多いので、混み合っているのは仕方ないでしょう

レーニンの遺体が安置されているレーニン廟もそこにあり、昼の二時までなら見ることができます

ホリデーシーズンは混み合うそうですが、私が行ったときには特に並ぶことなどありませんでした

サンクトペテルブルグはエルミタージュ美術館は必見

サンクトペテルブルグの一番の観光地はエルミタージュ美術館でしょう

こちらは、イギリスやフランスの美術館とも違い、建物の様式も美しく、展示物もゆとりを持って展示されており、かなり見ごたえがあります

こちらは、注意点としてチケットの販売カウンターがかなり混み合います

外国人が多く並んでおり、列の整理などをする人もいないので列の割り込みが多く、正直並ぶのがかなり疲れます

私の場合はオフシーズンに行ったにもかかわらず、一時間近くチケットを買うのに待ちました

そちらは覚悟しておいたほうがいいでしょう

こちらでeチケットを発券しておけばスムーズに入場することができます

もしくは、チケットは公式HPで購入が可能です

学生の場合、学生証があれば入場料は無料です。

学生用チケットはeチケットでは買えず、列に並ぶしかありませんが、国際学生証がお得に入場することができます

他にも、血の上の救世主教会も有名です

こちらは、ロシア語での発音が難しいのか、ロシア語でなんと呼べばいいのかよくわかりませんでした

血の上の救世主教会、と日本語でロシア人に言ってももちろん通じないので、迷わないように予め場所はきちんと確認しておきましょう

ワリシイ教会同様、ロシアにしかない個性の強いデザインは見ごたえがあります

ロシア料理もあちこちで食べれます。お酒のバリエーションも豊富

ロシア料理というと、ボルシチやピロシキなどが有名ですが、街のカフェなどで簡単に試すことができます

安く、日本人の口にも合うので食べてみてもいいかもしれません

ただ、いろいろと食べてみましたが、正直、ものすごく美味しいというわけではないかなというのが私の印象です

町中でも、ロシア料理よりピザやハンバーガー屋さんを多く見かけ、そちらで食事をしている人が多い印象でした

東ヨーロッパによくあるケバブも、かなりたくさん見かけました

個人的によく食べていたのはロシア餃子のペリメリ。

日本の餃子とほとんど変わらない味なのでどんどん食べれてしまいます

テイクアウトのペリメリ屋さんもあるので、ホテルでちょっとした軽食として食べるのもオススメです

お酒のツマミとしてたくさん食べている人も多くいました

キャビアやイクラも有名ですが、そこまで特にやすいというわけではないように感じました

ウォッカを飲みながらキャビアを食べるというのは、ロシアに来たら一回は体験してみてもいいかもしれません

どのスーパーマーケットも、お酒のコーナーはかなり充実していて、ウォッカだけでなくビールやワインも安く購入できます

夜はかなりお酒を飲んでいる人を見かけます

都市間の移動は電車で

私は、今回サンクトペテルブルグからモスクワまで、電車を使って移動しました

私は通常の寝台列車を予約しましたが、八時間ほどで移動することができ、きちんと布団もあって快適に夜の移動をすることができたのでオススメです

同乗者も紳士的な方たちが多く、特に危険などと言うことを感じることはありませんでした

東ヨーロッパの、例えばモスクワ、ベオグラード路線など、日本人にはあまり馴染みのない路線の電車が発着しているのも、駅で見ていると面白いです

電車のチケットは公式HPで英語で簡単に購入することができます

寝台も、安いものから個室のようなものまで様々なグレードがあります。

私は一番安い3000円程度のランクのものを選びましたが、特に問題はありませんでした

女性の乗客も私とおなじランクの席に多くいました

注意点として、入力の際に身分証明書類できちんとパスポートをえらぶこと(選ばないとたの項目が入力できません)チケットをかならずプリントアウトしておくことは気をつけましょう

30分前までに駅には着いていたほうがいいかと思います

私は今回は利用しませんでしたが、高速列車もあり、そちらを使えばモスクワ、サンクトペテルブルグ間を4時間ほどで移動できます。

時間のない人にはオススメです

おすすめのホテル

ロシアは現在非常に物価が安く、ホテルも安いものを探すのであれば300円程からみつかります

あとは予算との相談ですが、できるだけスタッフが英語が話せるところを選んだほうがいいでしょう。英語が通じないホステルも多くあります

また、モスクワは大きな街なのでロケーションも重要です

モスクワでは、バックパッカーなど予算を抑えたい方はAvord Hostel がロケーションも値段も手頃でオススメです

一般的な旅行であれば、イズマイロヴォ ベータ ホテル(Izmailovo Beta Hotel)

がサービスもよくオススメです

サンクトペテルブルグでは、お手頃な宿はSafe Haven がオススメです

快適なホテルであれば、Hostel Mishanya がいいでしょう

まとめ : ビザさえ取ってしまえばあとは簡単。とても魅力的な観光地です

ロシア旅行のまとめでした

渡航する前は、未知の部分が多いためなんとなく怖かったり、どんな魅力があるのか全くわかりませんでしたが、行ってみると物珍しいものもが多く、インフラも整っており物価も安く治安もいいため滞在しやすく、とてもよい観光地でした

ビザを取るのが少々ネックではありましたが、そちらをクリアしてしまえばあとはとても楽しく旅行のできるおすすめの国です


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする