求められていることをするべきか、自分らしくあるべきか


こんにちは、中山です

私はブログの毎日更新を続けていますが、過去に書いた記事の中で、特定のジャンルがアクセスを多く出すことがあります

そういった記事と同じテーマやジャンルの記事を書くことで、更にアクセスが増えることが予想できますが、そういったジャンルと、私が書きたいと思えることが必ずしも一致するとは限りません

なんのためにしているのかを考える

私の場合、ブログは自己表現のために書いています

そのため、持ちろんアクセスが増えることも大切ですし、できるだけ多くの人に見てもらいたいということもありますが、だからといってそのために自分の書きたくない記事を多く書いたりということは、本来のブログを書いている理由から離れてしまいます

私の場合、ブログに関してはアクセスの多いジャンルの記事を書くという求められていることをするというよりは、自分らしく振る舞うために書いているという側面が強いです

求められていることをするのも悪くはない

私の場合、自己表現のためという理由ですが、その反する求められていることを書くということも全く悪いことではありません

例えば、ブログで収益を少しでも上げたい、人に影響力を与えるようになりたい、という理由で書いている人であれば、アクセス数を少しでも上げるために、過去の人気のある記事を分析し、人気のあるジャンルを深く掘り下げていくという方法がベストでしょう

自分と似たようなことをしている人の真似をして見るという方法もとても良い方法です

自分に求められていることを素直にこなすというのは、ビジネスにおいて成功するには、一番効率の良い方法でしょう

メリハリをつけることが大切

求められることをするのか、自分のやりたいことをするのか、その2つは相反することのため、メリハリをつけることが大切です

たとえば、知人で長年の夢だったカフェを経営することにした人がいましたが、その人はすぐに経営難に陥ってしまい、お店を締めてしまいました

理由は簡単で、自分のやりたいことを突き詰めるあまり、お客さんが求めていることを意識していなかったからです

例えばそのカフェのあった地域はビジネスエリアの近くなのでカフェと言ってもおしゃれな空間というよりは、ちょっとした待ち合わせやPC作業ができたりするようなカフェのほうが便利です

そういった場所で、おしゃれな空間演出をするようなカフェは、いくら自分がやりたいと思っても成立しません

そのときに大切なのは、最低限のお客さんが来るように、そのエリアに合わせたカフェをつくることです

最低限の求められていることをクリアしていないと、そこからやりたいことをするのは難しいのです

将来の夢は、正しい方法で目指さないと駄目

将来の夢として、大きな理想を語る人もいます

そういった理想も、自分に求められていることと自分のやりたいことのバランスやメリハリをきちんと考えることが大切です

ただ自分のやりたいことを思うままに広げていっても、そのまま成功する確率はそこまで高くありません

確かに、世間にはそういった方法で成功する人がいて、そういった人のほうが目立ちますが、そういった人は才能も運もあるとても特殊な人です

通常であれば、自分の夢と、現実のバランスをきちんと見極める必要があります

まとめ: 正しく理想を語るのが大切

世間に求められることばかりしていると、自分のモチベーションが下がるため同じことも長くは続きません

私は、そうなってしまうのが嫌でこのブログは自分の書きたいことをできるだけ書くように心がけています

そういったバランスを意識し、心がけることでやりたいことその現実化の調整ができるようになるのではないでしょうか

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする