券売機のあるラーメン屋はQRコード決済を導入する意味があるのか。券売機が日本のキャッシュレスの足を引っ張るかも


こんにちは、中山です

私はここしばらくラーメンがマイブームで都内のいろいろなお店に行っています

私のいく大抵のラーメン屋さんの食券は券売機方式で、そちらに現金を入れて会計を済ませるタイプです

この仕組はとても完成していて、私は今流行りのキャッシュレスやQRコード決済が入り込む隙がないように感じています

券売機は、お店にとってとても完成されたシステム

ラーメン屋に限らず、定食屋でよく採用されている券売機のシステムはとても完成されたシステムです

店員の手を一切煩わせることなく会計を済ませることができるうえ、店員が対応するわけではないので精算にいくら時間がかかっても問題ありません

食券を見せるのでオーダーミスもありませんし、現金の管理をすべてそこに一括して管理することができ、店員は会計の手間をわずらわせることなく調理に集中することができます

定食屋やラーメン屋のような追加注文のないお店であれば、お店側からしたら非常に完成されたシステムのように感じます

クレジットカードやQRコードのようなキャッシュレスシステムを導入しなくても、キャッシュレスと同様の働きをしてくれています

日本意外の海外ではあまり見かけないシステムですが、とても完成されたシステムです

お客も、券売機だから行くのをやめようともならない人が多い

こちらの券売機のシステム、お店がわからしたら非常に都合のいい仕組みですが、お客の側からしても便利です

注文を対面でする必要がないので気楽ですし、急かされることなく注文を決めることができます

現金を投入しないといけないということで、いまのキャッシュレスの流れには対応していませんが、食券を買う程度の手間はそこまで問題でもありませんし、定食やラーメンを買える程度の現金は大抵の人は常に持ち歩いています

現金しか使えないから、その定食屋を利用するのはやめようという判断をする人はまだまだ少ないでしょう

券売機で成立しているお店は、QR決済を導入する意味がない

この券売機のシステム、基本的にはキャッシュレスが入り込む隙間がないほどに完成されています

お店側からしたらキャッシュレスとほぼ同様のような仕組みですし、お客の側からしても、現金が必要だから行くのはやめようという強い力は働きません

特に、行列のできるようなお店は、券売機さえあればわざわざ余計にコストの掛かるキャッシュレス決済を導入する必要がありません

Suicaに対応した券売機もありますが、それは売上を少しでも上げたいチェーン店のようなお店が必要なだけで、常に行列が絶えない繁盛店であればそういったものをわざわざ導入する必要が特にないのです

QR決済は、導入コストが少なく、キャッシュレス決済ができるということでいま広まりつつあります

しかし、券売機であればそちらも導入コストは対してかからないでしょう

また、QRコード決済は今後は決済手数料が発生する可能性がありますが、券売機であればそういったものはかかりません

券売機のあるお店に、QRコード決済が入り込む隙間はないのです

中国の定食屋は、キャッシュレスだけれど雑でミスも多い

QRのコード決済の進んだ中国では、ラーメン屋のような低価格な食堂でもQRコード決済は定着しています

その決済方法は、壁にQRコードが貼ってあり、お客はそれを読み込んで決済をしてその決済画面を相手に見せるだけという方法で、お客の多い定食屋ではミスや支払いをごまかす人が多くいるようです

こういったメニューの右下のように、QRコードがお店のあちこちにはられていて、お客は自分で決済をしてその決済画面を店員に見せることで会計をしています

私は中国で何度もそういった決済状況を見てきましたが、正直、かなり雑な状態だなと感じました

券売機の仕組みのほうが、洗練されている印象です

キャッシュレス社会は、すべてがキャッシュレスにならないと意味がない。券売機が足を引っ張るかも

今後、世界的に進んでいくであろうキャッシュレスの流れは、社会全体がそうならないと定着することがありません

例えば、中国では今ではほとんどのものがキャッシュレス支払いになっており、財布の中に一切の現金がなくてもスマホでQR決済ができれば生活できてしまいます

もともとの現金への信用が薄かった上に、クレジットカードや券売機のような決済システムがなかったので、QRコード決済がそこにうまく噛み合って一気に広まったのでしょう

しかし、日本では、券売機の仕組みはほとんど完成されていて、お店側にしたらQRコード決済を取り入れるメリットがそこまでありません

こういったお店が街に残り続けることで、そういったお店を利用するには常に現金を持ち歩く必要が出てきます

すると、いつまでたっても、スマホだけ持ち歩いて出歩くという社会が定着しなくなってしまうのではないでしょうか

これは、QRコード決済が広まって現金を持ち歩く人が少なくなればラーメン屋も券売機をやめるだろうという考えもできますが、そういった外圧からの変化というのは時間がかかります

券売機を導入している店にQRコード決済のメリットが無い限り、自発的にお店から券売機をやめるということはなかなかすることはないでしょう

券売機の存在が、今後の日本のキャッシュレス化の足を引っ張るのでは、と私は考えています

まとめ :今の日本は便利すぎるからキャッシュレスが浸透しない

ラーメン屋の券売機を一つの例として紹介しましたが、そちらに限らず、今の日本は本当に現金決済でも便利です

どんな大きなお札を出してもお釣りを出してくれますし(アメリカやヨーロッパでは、高額紙幣は受け取ってくれないことが多いです)偽札の心配もありません

汚れた紙幣だから受け取ってくれないということもないですし、小銭の計算もスムーズです(こちらも、欧米では簡単な計算ができない人がレジをしていることがよくあります)

あまりにも便利になりすぎてしまっているため、キャッシュレスへ足踏みしているのでしょう

今後、グローバル化の中でキャッシュレスは必須です

この便利な日本で、キャッシュレスがどのように根付いていくのか、私はとても注目しています

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする