習慣ではなく分量で決める目標。目標設定の方法を工夫することで作業はつづけやすくなります


こんにちは、中山です

私は先日からブログの毎日更新を日課としています

そういった作業を続けていくことは、ある程度のルーティン化をすることができないと大変です

作業を続けるルーティン化には、毎日の習慣とする場合と、分量で決める方法と大まかに二通りの目標設定の方法があり、それを組み合わせると効果的です

毎日の習慣を続けるのは難しい

私は毎日のブログ更新を続けていますが、正直、毎日書き続けるのはなかなか難しいです

体調的に難しいこともあれば、時間ととれなくて作業ができないということもあり、どうしても毎日続けることができないこともあるので、空いている時間にまとめて書いて、そちらをストックしておく方法を採用しています

一日中家で作業をするという日もよくあるので、そういった日にブログの記事を書き溜めて、そちらを書けなかった日に利用することで毎日の更新を続けています

毎日の習慣を続けるというのは、ときに変則的な生活がある人にとってはなかなか難しいことではありますが、このようにブログを書くことではなく、更新することを目標とすることで、ルーティンの一部にすることができています

習慣は、毎日続けるのではなく、量を生産し続けることでも定着可能

私の毎日のブログ更新は、毎日書き続けることではなく毎日ブログを更新できるだけの分量を常に用意しておくことで目標をクリアすることができています

この目標は、毎日の習慣ではなく、一定量をクリアし続けることとしているのがポイントです

そうすると、毎日の作業をし続ける必要はありませんが、一日作業をしそこねるとその分だけブログの更新のストックが減ってしまいます

そのため、ある程度のストックを維持し続けるためには一定量のブログを常にかきつづけなければなりません

ある程度の量を生産し続けるという目標を持つことで、それ自体をルーティンとして、続けていく作業にすることが可能です

何かをずっと続けていくには、量での目標設定も有効

ブログに限らず、何かをコツコツと続けていくにはそれ自体を習慣化してしまうことが一番です

例えば、筋トレでも英語学習でも、空いているときにやろうと言う考えだとなかなかそれに対して時間をつくることはできず、いつの間にかその習慣はなくなってしまいます

ただ、そういった行為を毎日続けるのはなかなか難しく、一回でもその毎日の習慣が崩れてしまうとそれだけで積み上げた習慣がなくなってしまいます

そういったことを防ぐために、私のブログのように一定の量をこなすことを目標とするのも、同じことを続けていくには良い目標設定の方法です

筋トレであれば、一週間のうちに2時間はトレーニングの時間をつくる、英語であっても、同じように時間を設定してその時間をこなすということを目標とするのもいい方法でしょう

時間軸を広く設定する

筋トレや英語学習のように毎日何かを続けるというのではなく、一週間のうちにどれだけの量をこなすかという目標設定方法も、コツコツと何かを続けるにはいい方法です

コツは、時間軸をひろく考えることです

毎日、となるとなかなか難しいですが、一週間と時間軸を広げることで、毎日の都合によってその習慣が崩れてしまうことがなくなります

一週間のうちにどれくらいできたのか、を考えることで、何かを続ける習慣がよりはっきりとしていくことでしょう

まとめ :人の意志は弱いからこそ、自分にルールを

何かをずっと続けるには、自分のルールを決めることが大切です

ただなんとなくなにかを続けようという考えでは、人間の意志はとても弱いのですぐに習慣が途絶えてしまいます

続けるための工夫として、毎日の習慣を続けるのは良いことですが、それも大変です

他の方法の一つとして、一週間など時間軸を広く設定し、その間で特定の量をこなすなどの目標の設定の仕方も、同じことを続けていくには良い方法です

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする