旅行も仕事も、全て二回目からが本当にやりたいこと。人生は何度も選びなおすほうが充実する


こんにちは、中山です

私ごとですが、先日、中国の広州に旅行に行ってきました

広州に訪れるのは二回目ですが、二回目に同じ土地に訪れてこそ、その土地の本当に面白さ、そして自分との相性がわかるような気がしています

この考え方は、自分の仕事など、人生のさまざまな選択の場面でも役に立つのではないでしょうか

関連記事:広州旅行まとめ。インターネット接続やキャッシュレス事情も紹介。物価も安く、食事も美味しく、中国の雰囲気を楽しめる街でした

一度目の旅行は、ガイドブックのとおりに行くのが当然

私は、前回広州を訪れたとき、ガイドブックの通りの観光をしただけでした

香港から深センを経由して広州に入り、駅の周りと繁華街を回るという、広州のガイドブックに書いてあるようなそのままの旅程を楽しみました

一度目の旅行は、そんなガイドブックに乗っているような、無難なものにしがちです

広州の例えがわかりくければ、フランスのパリに旅行に行ったと仮定してイメージしていただけるとわかりやすいかもしれません

パリを訪れ、セーヌ川の辺りにホテルを取り、昼はバケットをかじって朝食を済ませてからシャンゼリゼ通りを歩き、凱旋門をくぐって周囲のカフェで一息つく。

そしてその後は、フランス料理のビストロを食べて、夜にエッフェル塔を見る

そんな定番の旅行をするのが一番はじめに訪れる場所には最適でしょう

有名所を取りこぼすことがありませんし、あとから、あれをしておけばよかったと後悔することもありません

同じような旅程をしている人が何人もいるので、困ったことがあれば誰かに聞くことも簡単ですし、パリはこんなところだったよ、と人に話すのも簡単です

しかし、それは本当に自分の選んだ、自分が本当にしたい旅行なのか、自分らしいものなのか、というとはてなマークが着くこともあるでしょう

意地悪な言い方をしてしまうと、ガイドブックにつくられた、ゲームの攻略本を読むような旅行となってしまいます

おなじような旅行をしている人は世界中に何万人もいますし、自分はその中の同じような1人になってしまうだけです

自分らしさ、そして自分のほんとうにしたいことを考えると、そういったスタイルの旅行ではなかなか手に入れることができません

二回目こそ、自分らしさを出せる。二回目からは、マニュアルから外れるのは簡単

今回の私の広州の旅行は、ひたすら中国の古い路地を歩いたり、ちょっとした定食屋で食事をしたり、宿で知り合った中国の方と話をして過ごしました

ガイドブックにのっているような旅程ではなく、自分の本当にしたいこと、そしてそのときに感じたことをそのままするような旅行で、私は非常に満足しました

自分らしい旅行をしたな、と心から感じることができるのは、こうした自分ですべてを選んだときこそなのではないでしょうか

旅行に限ることではありません

ちょっと大きな話をすると、例えば就職。

新卒で入社して、フルタイムで働くということがある種、大学生のマニュアルとなっています。

ここからいきなり外れて、新卒で独立するとか、世界一周をするというのはマニュアルから外れすぎて本人の精神的な負担も大きいですし、周囲からの反発も多いでしょう

まずは、一回マニュアルに乗ってみる。

そうすることで、二回目からのマニュアルのない世界に飛び込むことが遥かに簡単になるのです

旅行先でも、仕事先でも、他にもこの例が当てはまることはこの世界に数多くあるでしょう

人生のパートナーの選び方もそうですし、家や車を買うときにもそうです

何度も同じ選択をする、というのは、自分らしい人生を生きるためには大切なことなのです

二度目の選択をすることを恐れない。世界は意外と多く広がっている

今回、私は広州に二度目の旅行をすると計画したとき、正直何をすれば良いのか、退屈しないかと言うことで不安でした

一度目で大まかな観光地は見てしまっているし、それ以上のことを調べてもネットでは特に何もでてきません

せっかく時間とお金を使っているのに、あまり有意義ではないことをしてしまうというのはもったいないことです

しかし、実際にこうしてガイドブックに乗っていない旅行をしてみると、いくら時間か合っても足りないほどにその場所に魅力があることに気づきます

世界はものすごく広くて、そして私達が自分で選び取れることは本当に多いのです

旅行に限らず、どんな状況でも、マニュアルやガイドブックを外れてこそやることが多いというのは当てはまると思います

人生は一度きり、でも同じことを選びおなす事はできる

人生は、どんな人にも一度きりしかありません

過ぎ去った時間は二度と訪れることはありませんし、やり直すことも決してできないのです

しかし、人生は、同じことを何度も選びおなす事は可能です

旅行のプランをなんども選びなおすように、一度決めたことをリセットしてまた一からやり直す

そうすることで、自分の本当にやりたいこと、自分らしいことが見えてきたり挑戦しやすかったりするのではないでしょうか

何度も選べるように準備をしておく

こうした、何度も選べる人生を生きるには、それなりの準備が必要な場合もあります

旅行の場合であれば、何度も旅行に行けるように予算管理をしっかりとして置く必要があります

一度目の旅行ですべての予算を使い切ってしまわないように、予算配分をしっかりとしないといけないでしょう

人生を選びなおすには、大抵の場合、時間とお金は必要になります

それに備えて、一度目の選択にすべてを注ぎ込まない。

選び直すことができるようにしておく。

そういった事前の準備が必要な場合があることも、ここに書き添えておきます

まとめ:何度も選び直すことができる人生のほうが、幸福度は高い

人生とは選択の連続ですが、一度決めてしまったことでも、思い切ってリセットしてしまってまた選び直すことで自分らしさ、自分のほんとうにやりたいことなどに気づくことは多いはずです

今回、私はそのことを旅行でとても実感しましたが、旅行以外でもこの考え方は当てはまることが多いでしょう

一度きりの人生だけど、何度もやり直す

そんな肩肘張らない生き方が、幸せなのかなと考えたりもします

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする