外付けキーボードとアンドロイドタブレットとの組み合わせた環境で、作業効率は上がりました


こんにちは、中山です

私は基本、PCでの作業をする時はマックブックを使っていますが、最近ではタブレットと外付けキーボードを組み合わせてでも快適に作業ができるようになりました

特に、アンドロイドタブレットとAppleのキーボードを組み合わせた作業環境を私は採用し、とても快適に作業をしています

外付けキーボードは、Appleの純正キーボードがとても性能よし

私は、キーボードに関してはAppleの純正品を愛用しています

新しいマックブックになり、キーボードがバタフライ構造という新方式になってちょっと使いづらいと感じた人も多いのではないでしょうか

私もその1人で、普段はマックブックを使っていますが新構造のキーボードはなかなか慣れず、いまでも長時間作業をしていると疲れます

今後、ノートブックではこちらが定番になる流れはありますが、本当に定着するのか気になるところです

アップルの純正品のキーボードだと、ひと世代前のMacBook Airと同じ使用感のボタン方式のキーボードになっていますので、そういった新型MacBookのキーボードになれていない人はおすすめです

反応速度やバッテリーの持ち、デザインなども申し分ありません

キーボードは、一つ定番を持っておくべき

私はアップルの純正品のキーボードをつかっていますが、これに限らず、キーボードは自分の定番品を持っておくことを強くおすすめします

タイピングというのはちょっとキーボードが違うだけでかなり感覚が変わって遅くなってしまいますし、ストレスにも繋がります

そういった感覚があるだけで新しいデバイスを買い換えることが億劫になったり、自分のもの以外のものを触ることに拒否反応が出てしまうのはもったいないことです

そして、今回のマックブックのキーボードの変更のように、自分の使っている定番商品でもキーボードが変わってしまうというリスクもあります

外付けのキーボードであれば、ある程度ガジェットとして完成しており、そのボタン配列や使い心地は変わることはないでしょう

ノートブックの場合はマックブックのように小型化を優先させることで機能性が失われてしまうことはあるかもしれませんが、キーボードは小型化を最優先しているわけではないので、今後もこの使い心地で販売してくれる可能性が高いでしょう

アップルのキーボードは必ずフルサイズを採用しているのも決まっているので、そういった意味でも安心感はあります

私は、できるだけ断捨離派ではありますが、使い慣れたキーボードは海外へ行くときでもできるときは持ち運ぶようにしています

同じキーボードを使い続けることで自分のパフォーマンスを維持するのは、パソコンで作業を多くする人にとってかなり優先すべきことです

アンドロイド採用の最大の理由は、マウスが使えること、親指シフトが使えること

私がアンドロイドのタブレットを採用した最大の理由は、アンドロイドでのタブレットではマウスもBluetooth接続できることと親指シフトができることです

どちらも、厳密にはiPadでもできますが、Androidのほうがはるかに導入しやすいです

詳細に関しては、こちらの記事の後半に書いてあります

アンドロイドのタブレットは、安価で性能も良い

私が作業現場を変えるようになったのは、勝間和代さんの記事の影響があります

勝間さんは、タブレットと音声認識のみで最近は文章を打つことが多いそうです

確かに、近年のアンドロイドの性能の向上は目覚しいものがあり、そしてiPadに比べて安価なので導入も簡単にできます

数年前までiPadとアンドロイドのタブレットの性能の差はかなりありましたが、近年では動画の視聴や文章を書く程度であれば何も問題なくアンドロイドで事足りるように感じます

この段階まで来ると、慣れとブランド志向かどうかという話なのではないでしょうか

アンドロイドのインターフェースはapple 製品に慣れているとちょっと抵抗がありますが、そういった感覚も一週間もすれば完全になくなります

また、タブレット自体のデザインも近年はベゼル部分が非常に小さくなっており、ほぼ画面のみになっきています

デザイン的にもほぼ変わらなくなってきているので、私はアンドロイドでも満足しています

私はこちらのタブレットを使っています

海外に行くときなど、もう一台シムフリーの機種がほしかったので、そういった意味でも便利です

タブレットとキーボードの組み合わせで、大抵の作業はできてしまう

Androidタブレットとキーボードの組み合わせで、PCでできる基本的な作業はかなりの部分ができてしまうことに気付かされます

また、Androidではマウスの導入も簡単です

私は、マウスもAppleのタッチパッドを使っています

Apple純正マウス、トラックボール付きのマウスなどいろいろと試したのですが、マウスはどうしても操作時に動かすこと場所を取ると言うことと、トラックボールは親指の負担が大きいということで、私個人的にこちらのタッチパッドが一番気に入っています

トラックボールに関しては、私は過去にはこちらを使っていました。親指の使い方にクセがありますが、それでも人によっては相性の良い人はいるかと思います

どのような作業をするかで必要な環境は変わってくるかと思いますので人それぞれではありますが、この作業環境で驚くほどできる作業の幅が広いことは強調しておきます

親指シフトの導入も簡単

私は文字を打つ際に、親指シフトを採用しています

勝間和代さんがおすすめしているのを見て以来、親指シフトは私にとってタイピングで必須のものです

AndroidはAppをインストールするだけで親指シフトが使えるので、とても簡単です

OyaMozcが一番定番でしょう

関連記事:私のMackBookでの親指シフトの環境の紹介

姿勢も無理がない

タブレットにキーボードという環境だと、キーボードと画面が物理的に切り離せるというのもとても利点です

ノートブックですと、キーボードと画面が話せないのでどうしても前かがみになっての作業となり、首や肩を痛めがちですが、タブレットの場合、アームを使って様々な場所におくことができるので、無理のない姿勢で作業を続けることができます

まとめ:ノートブックの時代は終わり始めている

今回の作業環境の採用で、私はタブレットの便利さを改めて確認することができました

こうしてインプットをするガジェットをつけることで、タブレットはただの大きなスマホではなくPCの代替機としても使えます

こうした使い方をすることで、今後タブレットとしての機能は拡張していき、ノートブックの時代はもうすぐ終わるのではないでしょうか

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする