筋肉肥大ではない、幸福度を上げるための筋トレ


こんにちは、中山です

私は、数年前から定期的に筋トレをしています

かといっても、私の目的は筋肉の肥大ではなく、人生の幸福度の増加です

体を大きくしたい、力をつけたいと言う理由ではなく、筋トレを通じて人生の質を上げたという人向けの筋肉トレーニングの方法を紹介します

筋トレで幸福度は上がる

数年前から、週に2ほどの筋トレを心がけるようにして、私は自分の生活がかなり改善されたと感じています

精神面でのプラス

筋トレをしていると、自分の能力が向上しているのを日々感じます

ダンベルの重さなど、きちんとトレーニングをすれば自分が挙げられる重量は面白いほどに上がっていきます

先日まで上げることのできなかったものを挙げられるようになるという経験は、自分にとっての達成感、成功体験としてとも自分の自信へとつなげてくれます

また、適度な運動はリフレッシュとしてもとても効果的です

私は日常的にデスクワークが多く、外に出ることは多くありません

そうするとどうしてももやもやとした感情が溜まってしまうことがありますが、適度な運動でそういった感情はかなり消し去ります

特に、一汗書いたあとのシャワーを浴びていると、ネガティブな感情がきえていくのがはっきりと分かります

肉体面でプラス

筋肉肥大だけでなく、ちょっとした運動でも自身の肉体や精神面はかなり改善します

私は日常的にデスクワークが多く、どうしても首や肩が張ってしまうことがありますが、そういった症状は適度な運動でかなり改善されます

鏡を見てのウエイトトレーニングでは自分の姿勢を見ることになるので、正しい姿勢もわかります

また、適度な運動をすることで夜の睡眠の質も上がります

夜になかなか眠れないと言う方は、ちょっとした運動でその睡眠習慣を改善することができます

食事面でのプラス

定期的に運動をしていると、自然と食事も気を使うようになります

せっかく運動をして体を引き締めたのに、その直後にカロリーの高い揚げ物などを食べる気はなかなか起きませんし、より体を良い状態に持っていく食事をとろうと言う気持ちに、自然となっていきます

また、運動をすることで水分補給も意識をするようになります

甘いジュースではなかなかパフォーマンスが良くなりません

栄養価のあるものをきちんと取るように、自然と習慣が変わっていきます

スケジュール管理の向上

トレーニングをするとなると、定期的に時間をつくって置かないといけません

週に二回ほど、それぞれ1時間から2時間ほどの予定を空けるというのは、短期的には簡単ですが、長期的にはなかなか根気のいることです

常にその週にきちんと2回のトレーニングができるのかを意識することで、なんとなくのスケジュール管理をすることがなくなり、無駄なことをする時間も減っていきます

また、トレーニングを本格的に始めると、その日毎に鍛える筋肉が変わっていきます

腕、背中、胸、足など、個別の筋肉のトレーニングのスケジュールを調整することになり、日々のスケジュール管理の意識はより高まっていきます

手軽に、そして予算をできるだけ抑える

私の場合、筋肉の肥大ではなくそういった幸福度の上昇のためにトレーニングを行っています

そのため、筋肉を肥大させるために無駄に手間を掛けたり、お金をかけることなくトレーニングができるように心がけるようにしています

市営のジムに通う

筋トレというと、駅前などにあるきちんとしたジムに通う方も多いですが、そういったジムの料金は割高です

欧州などではかなり低価格でジムに通うことができるのに、日本のジムの料金は設備の割に高めに設定されているなと感じています

利用人口などでいろいろと違いはあるのでしょうか、今後改善されるといいなとは思います

参考記事:スタッフのいないロンドンのジム

そのため、私は駅から少し離れた、市営のジムに通っています

どういった街でも、市営の体育館などに併設しているジムはあるのではないでしょうか

そういった場所では、必要最低限の設備は揃っており、そして料金は格安です

私のジムでは、一回の利用は200円で、月に8回通っているので月々の支払いは1600円です

かなり割安なのではないでしょうか

効率的な筋肉肥大を目的としない場合、そこまで極端なトレーニング設備は必要ありません

バーベルとスミスマシンがあれば事足りるように思います

そういった妥協ができる方であれば、市営のジムに通うのはとてもおすすめです

プロテインは飲まない

私は、プロテインは飲んでいません

効率よく筋肉肥大をしたい方であれば飲んだほうがいいでしょうが、上記のように私の目的は幸福度の増加なので、そういったことは不要です

プロテインはきちんとしたものであればかなり高額なので、飲まないことで、月々のプロティンの出費はかなり抑えることができます

また、動物性のプロティンを飲みすぎると体臭が強くなるということもあります

そういった心配がないというのも利点です

ストレッチに時間をかける

私は、ジムではストレッチに人一倍時間を掛けるようにしています

外見面での変化は少ないので疎かにする人もいますが、幸福面を重視するのであればこちらは重要です

ストレッチで体の不調はかなり改善しますし、自分の体の柔軟度は筋肉量と同様に向上とともに達成感を感じます

また、筋肉の量よりも柔軟性を身に着けておいたほうが、現代社会では優位なことが多いです

例えば怪我をしにくい、筋肉がこりにくいなど、柔軟での利点はかなり多くあります

食事制限はしない

極端な食事制限はしないように心がけています

上記したように、筋トレを通じて意識が変化し、食生活も変わっていきますが、私はその自然な流れに身を任せるようにしています

脂身を食べない、炭水化物を減らす、などという制限をかけることで自身を追い込む方もいますが、単純に幸福度という面ではあまり好ましくありません

食べたいものをたべ、自分に制限をかけない

それが、習慣を無理なく続けるコツであるとおもいますし、幸福度もあがります

繰り返しとなりますが、筋トレによって自然と食生活の意識は変わりますので、何もしない状態よりは筋トレを通じて食生活は改善されるはずです

ちょっとした運動習慣を自宅でも

筋トレが習慣になってくると、自宅での簡単な運動も、リフレッシュとしてかなり効果的になってきます

腹筋ローラーや腕立て用のプッシュバーなど、簡単なものを自宅においておくのは、ちょっとした気分転換にちょうど良いです

ヨガマットでのストレッチもいいでしょう

時間が空いたときに、だらだらと動画を見たり、スマホをいじるのではなく、簡単な運動をする

そういった習慣を身につけることで生活はかなり改善されます

運動中に音楽やオーディブルを聞く

運動中はトレーニングに集中しつつ、耳で自由に音楽を聞くことができるのも利点です

私はアマゾンプライムにてアマゾンミュージックで無料で好きな音楽を聞いたり、オーディブルで本を読むようにしています

気分転換をしたいときは音楽を聞き、時間を有効に使いたいときはオーディブルで本を聴く

集中しすぎる必要はなく、そういった自由な時間の使い方ができるのも、気楽な筋トレの良いポイントです

長く続けると、ランナーズハイに

私は、もう何年もこうしたトレーニングをしていますが、続けていると、少しでもサボると気になってしまい、ジムに定期的に行きたくて仕方がなくなってきます

マラソンランナーのランナーズハイに近い状態なのかと思います

こうした、続けることで習慣が身についていく。

そういった経験を感じることできるのも、人生を向上させるよいポイントです

まとめ

幸福度の向上を目的としたトレーニングはお金も特にかからず、極端にストイックになる必要もなく、そして人生が大きく変わるのでとてもオススメです

気軽に始めてみてもいいのではないでしょうか

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする