永遠に生きるかのように準備をし、明日死ぬと思って行動する


こんにちは、中山です

私も30歳をこえ、身の回りでなくなってしまった人も何人か出てきました

そういった人たちとの別れがあるたびに、自分の死生観を考えることがありますが、死生観と言うのは画一的なものではなく、状況に応じて使いわけるものなのだと最近は考えるようになりました

永遠に生きるかのように学べ。明日死ぬかのように生きろ

私の好きなガンディーの言葉です

自分の死生観を人生の行動力と変える言葉として、これほどはっきりとした言葉はないかと思います

かといって、この言葉を履き違えて、行き当たりばったりで行動して無計画に生きていいというわけではありません。

人生を有意義に使うためには、永遠に生きるかのように考えるべきこと、そして明日死んでもいいと考えるべきこと、その使い分けがとても重要です

人は、いつか死ぬ。そしてそれはいつなのかはわからない

人はいつか死にます。これまでの歴史の中で永遠に生き続けた人というのは以内なわけです

そして、そのいつ死ぬのか、寿命も私達はいつなのか、それは誰にもわかりません

私も、同世代の友人ですでに鬼籍に入ってしまった人が数人います

そういった人達を見ると、人生は一度きりなのだからやるべきことは全てやっておかないと後悔するなと強く感じます

しかし、われわれの寿命がいつまでなのなのかはっきりとわからない状況で、全てのリスクをとってやりたいことを全てやってしまってはその後も続いて行く人生に対応ができません

例えば、世界一周をしたいといって会社を辞めて貯金をすべて使うというのは簡単なことです

しかし、貯金を使い果たし、会社という世界を飛び出して世界を旅したあとも自分の人生は続いていきます

軽はずみな選択でその後の人生を全てふいにしてしまうというのはあまりにも愚かなことです。

明日死ぬかもしれないし、80年後もまだ生き続けているかもしれない。そういった不確定な要素の多いこの世の中でリスクをとって行動するというのは非常に難しいことです

永遠に生きるかのように用意をする

不確定な世界の中で、私達が確実にできることというのは、常に自分の将来に向けて準備をしておくということです

貯金をする。英語などの語学を学ぶ。プログラミングなど、その後の人生に有益になりそうなスキルを身に着けておく。

今後の人生が永遠に続くかのように、常に自分の将来に向けて用意をしておくことはその後の人生でうまくいくかどうかを左右します

無駄なリスクをとらないというのも、大切な準備の一つ

無駄なリスクをとらないというのも、同じように常にやっておくべき有益なことです

例えば、お金を無駄に使わない。健康に気を使う。などということは、取るべきではないリスクから身を護るために必要なことです

いつ死ぬのかわからないからと言って貯金も全くせずに手元にあるお金を使ってしまう。健康に全く気を使わない。人間関係を軽く見る。

そういった行為は、今後自分が長く生きることを想定して、きちんと考えなければならないことです

明日死ぬと思って行動をする

振り返ってみても、私の20代はあっという間でした

人生は行動をしない限り勝手に変わっていくということはなく、自分で動かない限りあっという間に時間は勝手に流れていってしまいます

もし明日死んでしまっても後悔しないか。

そう考えて、自分の本当にしたいことを探し、そして見つかったらそれに向けて行動するというのは、人生を後悔しないためにも非常に大切なことです

死生観を行動力に変えていく

いつ死ぬのかわからない、というのは強烈な行動へのモチベーションとなりえます

かといって、それを間違えて使ってしまってはいけません

上記のように、いつ死ぬのかわからないからといって無計画にお金を使ったり、不摂生をしたらそのツケを支払うのは自分です

自分の死生観をどのようにして自分の行動力へ変えていくのか。

そのヒントとなるのが、永遠に生きるかのように準備をし、明日死ぬとおもって行動するということでしょう

自分の将来への準備は、たとえ自分が年をとったとしても怠けることなく、自分の人生が今後も永遠に続いていくかのように常に遠い将来に向けて続けていき、そして明日死んでもいいと思えるように、その日の決断をしていく。

そのバランスをうまくとり、死生観を行動力に変えることで人生の大きな行動活力になっていきます

まとめ。行動力を生むために、死生観を考える

ただ漫然と暮らしているだけでは人生はあっという間に過ぎてしまいます。

そういったときに、こうした死生観を考えることにより、自分の人生を考えるきっかけとなり、そしてそこから大きな行動力を生むことができるのではないでしょうか

逆説的に、あまり変化のない人生を送っていて、この現状を少しでも変えたい、そう思う人は、自分の人生が今後どれくらい続いていくのか、自分がいつ死ぬのか、そういった死生観を少し考えてみることで、自分の人生を変えるエネルギーにつながる劇薬になるのではないでしょうか

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする