Jet Airwaysに搭乗しました。低価格ですが、LCCとは違い、サービスは高めです


こんにちは、中山です

2019年の1月にインドのコルカタからバングラディシュのダッカまでJet Airways に搭乗しました

JetAirwaysは日本の主要都市からインドの大都市への直行便も出ているインドの航空会社です

搭乗日:2019年1月28日

路線:コルカタ→ダッカ

クラス:エコノミー

ラウンジ:楽天プレミアムカードで発券のプライオリティパス使用

価格:片道6798jpy

コルカタからダッカまでは6798円でした

こちらの路線はいろいろな航空会社が飛んでいますが、インドのLCCであるインディゴやSpiceJetと同じ程の価格帯でこちらのチケットは買うことができました

JetAirwaysはLCCではない、フルサービスのキャリアです。

預け荷物も無料で機内の食事もある航空会社でこちらの値段はお得感があります

チェックインはスムーズ

カウンターのスタッフはインド人の女性で、英語の発音に若干クセがありますが、パスポートの提示と荷物のチェックインを聞かれるだけなので特に問題はありませんでした

手荷物は一つまで無料で預けることができます

チェックインカウンターは5つほどあり、かなりスムーズに順番は回ってきました

5000ルピー(約8000円)の追加でプレミアムエコノミークラスにランクアップもできるということもチェックイン時に聞かれましたが、せずにそのままエコノミーでチェックインをしました

後ほど、そのプレミアムエコノミーの座席を覗いてみましたが、座っている人は殆どいませんでした笑

出発時間までラウンジで休憩

コルカタの空港では、楽天プレミアムカードから発券できるプライオリティパスにて休憩をしました

ラウンジはイミグレーションを出てすぐのところに2つあります

軽食でカレーを食べることができ、食事面がかなり充実しているラウンジです

カレー以外にも、パンやコーンフレークなどの軽食もあります

お酒は、時間によって提供してくれるようです。私が訪れた早朝は、お酒の提供はありませんでした

オムレツもできたてを目の前でつくってくれました

機内は特に狭くなく、食事も出ました

機内の前方がプレミアムエコノミーの座席で、後半が通常のエコノミーの座席です。プレミアムエコノミーは、ゆとりある座席にクッションがついています。座席にスクリーンなどのエンタメはありませんでした

後部のエコノミーは座席は3-4-3で、私は通路側の席にしました

特に狭苦しいということはなく、十分に膝下にも余裕のある広さです

一般的なフルサービスキャリアのエコノミーの広さという印象でした

乗客はほとんどがインドの方で、機内はスパイスの匂いが漂っています笑

私は過去にインドのLCCにも何度か乗ったことがありますが、こちらの航路ではLCCのときとは乗客の雰囲気も違っている印象です

ジャケットを羽織り髪をきちんと整えた、落ち着いた年配のインドの方がおおい印象です

私の隣も、60代の男性でした。

LCCの機体で近くにインドの人が乗っていると飛行中に話しかけられることもよくありますが、今回の機内では誰からも話しかけられることはなく、落ち着いて過ごすことができました

30分程の短いフライトですが、飲物のサービスと軽食が出てきました

軽食はパンと蒸しケーキ。特にクセもない味です。

飲み物はジュースやコーヒーなどはお代わり自由です

マイルについて

Jetairwaysはアライアンスには加盟していませんが、特定の航路であればマイルは貯まります

詳しくはHPを確認ください

東京↔デリー、東京↔ムンバイ、など日本からインド間の主要な路線はANAのマイレージが貯まります

残念ながら、今回私が搭乗したコルカタ、ダッカ間はマイレージはたまりませんでした

まとめ、値段の割にお得感のある航空会社でした

こちらの路線、他のLCCとほぼ同じ価格帯での販売でしたが、サービス自体はかなりしっかりしており、荷物の預かり、そして食事や飲み物のサービスもあり、満足度は高かったです

贅沢を言うのであれば、私の路線でマイルが貯まれば最高でしたね

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする