インドのトラブルは、大抵のことはsimを買うことで防止できます


こんにちは、中山です

ただ今インドを旅行しています

インドはここ数年で大きく変化しており、特にインターネット事情は変わりつつあります

インドは旅行をしていてトラブルが生まれやすい場所ではありますが、インターネットでそのトラブルの大半を防止することができます

個人的に、インドではSIMカードを買ってから旅行をすることを強くおすすめいたします

インドのシムは非常に安価で購入も以前よりは簡単に

今回、私はインドでSIMカードを購入しました

vodafoneのシムで、84日間使うことができ、通話は30分まで無料。一日あたりのデータ通信の上限は1,5ギガバイト、インド全域で使えるものです

こちらの料金は、500ルピー(現在のレートで800円ほど)でした

こちらのように、インドのシムは非常に安価です

このような長期間のプランではなく短期であれば更に安いプランもあります

空港などでは多少の値段が変わってくる場合もありますが、そこまで極端に値段が違うわけではなく、非常に安価にシムを使うことができます

そしてその購入方法ですが、以前までは紹介者が必要などインドのシムは購入に非常に手間のかかるものでしたが、そちらも変わりつつあります

空港のカウンターで買う場合は、特に書類など必要なくパスポートを提示するだけですぐに販売してくれます(デリー、ムンバイ、コルカタなどの空港でシムは売っています。小さな空港では売っていないので注意です)

街中で買う際には、以前のようにインド人の紹介でないと買えないと言う場合もありますが、実際にはそのモバイルショップのオーナーが紹介人になってくれたり、旅行者専用窓があってそちらでは紹介などなしで買うことができます

例えば、私はチェンナイの街中のこちらの店舗でシムを購入しました

こちらでは、自分の顔写真とパスポートを提示することで、シムを購入することができました

事前に、日本のアマゾンで購入しておくこともできます

インド専用のシムというのは日本での入手は難しく、こちらのようなアジア周遊シムを購入するのが簡単です

こちらは、インド国内で購入するような長期のプランはなく、多少高額ですが、事前に買えるのは安心ですし短期の旅行などではおすすめです

Simがあることで、uberとolaでの配車が可能に

シムを使ってuberを使えるということが、インド旅行では非常に大きなメリットです

インドを訪れた事がある人ならご存知かもしれませんが、インドのリキシャーやタクシーのドライバーはなかなか曲者が多く、正規料金というのがいくらかわからずに多くを請求されたり、変なところに連れて行かれたりとトラブルを生む要因です

インドでは、タクシー配車アプリのuber(インド人のアクセントではウーバルという発音の仕方になります)が都市部で使えるようになっており、シムがあればタクシーを呼ぶことができます

こちらにより、インドでのタクシーでのトラブルはほぼ解決です

これは、インドを旅行する上で本当に大きなメリットの一つです

私のウーバの紹介コードはjx7vsuqvueです。こちらを新規登録時に入録すると、割引券がもらえます

uberと同様に、olaというインドのローカルな配車アプリもあります こちらは、若干uberよりも若干使いにくく、料金も変動が大きかったりもするのですが、時としてuberよりも安かったり、こちらしか使えない地域などもあるので登録しておくと便利です

電車やバスを予約できる

インドの電車の予約はなかなか面倒で、普通は駅に行くか旅行代理店に行くしかありませんでした

どちらも面倒ですし、旅行代理店では高額の手数料を取られてしまうこともしばしばでした

しかし、シムがあればインドのオンライン予約ページにて、直接列車やバスの予約をすることができます

多少複雑なので、きちんとこまかいところまで読む必要がありますが、自分で思う通りにいつでもネット環境で予約ができるということは非常に便利です

インドの電車はCleartripで。(こちらは予約サービスサイトで、実際の予約にはIRCTCという鉄道会社のアカウントも作る必要があります)

バスはtravelyaariで(他のサイトでも予約ができますが、インド国外で発行したクレジットカードを受け付けてくれるのはこのサイトのみです)予約をすることができます

どこでも安全なホテルを予約できる

インドでは、電車の遅れなどで急に予定が変わり、ホテルに泊まらなければならないということもあります

シムがあれば、どこでも気軽にホテルを予約することができますし、ホテルのレビューをチェックする事ができます

インドの各地のホテルはBooking.com エクスペディア

アゴダ などのホテル予約サイトで簡単に見つかります。 予算やアクセス、ホテルのレビューを確認した上で自分にあったホテルを選ぶのがいいでしょう

インドのホテルは、レビューが良いところであれば一泊3000円ほど出せば泊まる程度であれば特に問題のないクオリティです。1000円以下の安宿を選ぶ場合は、当たり外れが大きいので、レビューをきちんと読むようにしましょう。

フリーwifiを使うことができる

インドではいろいろな場所でフリーワイファイが飛んでいますが、大抵の場合でセキュリティが厳しく、大抵がSMS認証をする必要があります

SIMカードを持っていることでそちらの認証をクリアして、問題なく利用をすることができます

空港やレストランなどの時間つぶしに便利です

まとめ。インドでのシムの恩恵は大きい

に大きいものがあります

普段シムを使わずに旅行をしている方でも、インドだけは特別に購入してみることをおすすめいたします


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする