あまり知られていない南インドの魅力


こんにちは、中山です

インドを旅行するというと、安全面や衛生面でネガティブなイメージを持つ方は多いかもしれません

実際、インドでの旅行者のトラブルは多く、詐欺にあったり健康を崩す方が多いもの事実です
しかし、そういったトラブルの多くはタージマハルやガンジス川などの主要な観光地がある北インドに集中しており、そこから離れた南インドでは状況は大きく異なります

インドと言うと人口10億を越す大国です。
北インドの一部だけでインドを一括りにしてしまうにはあまりにも巨大であり、その南インドではそういったイメージとは違う、非常に魅力的な点が多くあります

そういった、あまり人の訪れない、南インドの魅力を紹介します

南インドの人の魅力

インド人のマインドはかなり独特で、北インドではそれが旅行者へ金銭への執着と結びついて様々なトラブルを生んでいますが、南インドでは北インドのように観光客に対して悪意を持って接してくるような人はあまり多くありません

北によくある詐欺行為のようなことも、南ではほとんど起こりません

客引きも確かに多少はいますが、北ほど強引なことはほとんどなく、東南アジアのものと殆ど変わらない程度です。

南国独特のゆったりとした大らかな人が多く、そしてインド人らしくフレンドリーでユーモアのある性質のある人が多いです

私は、今回の滞在で多くのゲストハウスに滞在しましたが、そこで同じく宿泊していたインド人の学生やビジネスマンと様々な話をして過ごしました

ゲストハウスといえども、宿泊者通しですぐに打ちとけて一晩中話をするというのは、インド人だからこそのものなのではないでしょうか

それだけではなく、街でちょっと話をしただけでもすぐに親しくなり、うちに遊びに来ないかと誘ってくれて、そのまま遊びに行くということもよくありました(南インドで人の家に誘われることはよくありますが、決して確実に安全というわけではないので私は人にはおすすめはしません)

地元の人の家におじゃまをしてその家の様子や家族の結びつきを感じることができるというのは、海外を旅行していてもなかなか感じることのできない経験なのでしょうか

そういった、非常に人間臭く、そして距離感の近い人達が多いのが南インドの魅力です

食事の魅力

南インドの食事文化は北と異なります

海沿いの街が多い南ではシーフードを使った料理が多く、バナナやココナツなど南国の食材も多く料理に使われています

食事はたいていバナナの葉に乗せて提供され、それも南国の雰囲気を感じさせます

北インドでは日本人の舌にとっては食事に当たり外れが多く、たまに食べれないほど癖の強い食事にあたってしまうこともありましたが、南インドではそういったことはほぼなく、毎回どのような場所で食事をしても美味しい料理にありつくことができました

北インドにはない、独特の料理もあります

例えば、ココナッツと小麦を混ぜたクレープのようなものでマサラを包んだドーサは南インドの代表料理で、ココナツの味が南国の雰囲気を強く感じさせてくれます

街の魅力


北インドのように有名な観光地はありませんが、南インドには魅力的な街がたくさんあります

欧米人も多く滞在するリゾートであるゴアや、アーユルヴェーダをするのであればケララが有名です

昔からの生活を今も続けているインドの小さな町の暮らしはどこか懐かしくて、日本では体験することのできないなんとも言えない穏やかさがあります。

他にも、通貨の流通を極力抑えた実験都市オーロヴィルのような、一風変わった場所もあります

私が個人的におすすめする街として

  • 音楽の街として有名なリゾートのゴア
  • バックウォータークルーズやアーユルヴェーダの施設が多くあるコーチン
  • 巨大な岩が多数ある地形が印象的なハンピ
  • 海沿いのおちついた街であるゴカルナ
  • オーロヴィルの隣町、フランスが統治していたポンディシェリ
  • 遺跡と海のあるマハバリプラム

などがあります

他にも、ムンバイのような大都市があったりと、様々な街があるので旅行をしていて飽きることはありません

また、北インドのように街が極端に汚れているということもあまりなく、比較的衛生面ではいいほうだと思います

気候の魅力

南インドを訪れるのであれば、日本の冬のシーズンがおすすめです

冬の南インドはからりと乾いている上に、Tシャツ一枚でもポカポカと暖かく、風が吹くとサラリと気持ちいのいい最高の気候です

地中海やアメリカの西海外の気候に近いのかもしれません

日本の冬を抜け出して、そういった気候の南インドで過ごすのは最高の贅沢なのではないでしょうか

南インドの宿の探し方

南インドの宿は、Booking.comエクスペディア

アゴダなどのホテル予約サイトで簡単に見つかります。

自分の予算、アクセスにあった宿の中から評価の良いホテルを探すのがいいでしょう。

南インドは時としてインターネットが遅い場合があるので、予約サイトのレビューからきちんとwifi事情を確認しておくといいかもしれません

まとめ

南インドは、あまり知られていないだけで魅力の非常に多い地域です。

北インドを訪れてもう二度とインドには行きたくないという人は少しもったいない気もシてしまいます

北とはほぼ別の国という感覚で、南のインドも訪れてみてはいかがでしょうか。

ほいでは!