できるだけ身軽にフェスに行くための装備


こんにちは、中山です

私は音楽フェスが好きで、今でも頻繁に出かけています

最近ではタイのタオ島で行われたエスクペリエンスというフェスティバルに参加し、今年の夏はハンガリーのオゾラというフェスに参加してきました

海外だけでなく、国内のイベントにもよく参加をして楽しんでいます

そういったフェスに参加する際に、私はできるだけ身軽に、装備品をできるだけ少なくしていくことを心がけています

できるだけ身軽に、そして快適にフェスに参加するために、私が持って行く装備品を紹介します

大きめの装備


バックパックは、私は60リットルのサイズをおすすめしています。
こちらのサイズであればそこまで大きくなく、そして飛行機にも手荷物で持ち込めるので大変便利です

こちらのバックパックは、使い勝手というよりは価格優先でおすすめしています
これぐらいの価格であれば、使い捨て感覚で買うのもありかなと思います

妥協なく良いものが欲しい等のであれば、ノースフェイスなどのブランド物を買うのもいいかもしれません

フェスには私は1人用のテントを持って行くことが多いですが、私はいろいろと使ってみてこちらのテントが気に入っています
テントは、折りたたむとパンケーキのような円型になるものと、こちらのような円柱状になるものがありますが、円柱状の方が持ち運びには便利です(パンケーキ型の方が設営は簡単です)
1人用のテントもアマゾンで売っていますが、そういったサイズのものはかなりギリギリのサイズ感のため、正直快適ではありません
2人用でも持ち運びにはそこまで苦労はしませんので、たとえ1人でも2人用のテントを買うことをおすすめします

こちらもかなりおすすめの装備です
携帯マットレスは、自動膨張とこちらのように空気を口で入れるものがありますが、運びやすさで言えばこちらの方がはるかに小さくなります。
膨らます際にも、対して手間はかかりません
こちらがあるとないとで、寝るときの快適さが全く違います

こちらも、買っておくとかなり快適に過ごせます。
また、フェスのキャンプサイトは大抵混み合うので、自分のテントがどこにあるのかわかならくなってしまうということがよくあります。
このような目立つ色のハンモックをぶら下げておくと、自分のテントに戻れなくなるというトラブルを防ぐことができます

便利グッズ

フェスというと、ちょっとした通り雨は日常的です
私も、今回ハンガリーのフェスティバルでスコールに二度遭遇しました。
服などは濡れてしまっても構いませんが、携帯だけは死守したいところです

こういった、防水ケースは間違いなく持っておいたほうがいいです

また、予備のバッテリーも忘れないようにしましょう

フェスでは、基本的に荷物はテントサイトにおいて移動をします
移動時にはできるだけ身軽でいたいので、このようなランニングポーチを持っていると便利です
こちらにスマホ、日焼け止め、帽子やサングラスを入れておけば十分です


私ごとですが、フェスでメガネやサングラスをなくすことが多くあります
メガネやサングラスのような高価でなくすと困るようなものは、こちらのような紐をつけておくことでなくすのを防ぐことができます

まとめ

フェスに行く際の最低限の荷物をまとめてみました

基本的に、日焼け止めなどは現地にあるので、衣類や電化製品関係を揃えておけば問題ないかと思います

今年も色々と多くのイベントに行き、私は忘れられない多くの体験をしてきました
皆さんも、ぜひ何かのイベントに参加してみてはいかがでしょうか

他の記事も読んでみませんか

最後までお読みいただきありがとうございます

このブログは、旅行、便利情報、お得情報、日記を主に書いています。他の記事も皆さんの参考になると嬉しいです

関連記事: ハンガリー、オゾラフェスティバルまとめ

関連記事:Boom festival 2016 に参加しました。海外フェスのススメ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする