中国でもアメリカでもない、西ヨーロッパのライフスタイルは日本の将来の姿なのでは


こんにちは、中山です

私は、旅行が趣味で海外によく出かけます。
特に、イギリスを中心とした西ヨーロッパには学生の頃からよく行っており、トータルでの滞在日数は一年以上あるのではないでしょうか。

多少なりとも現地に知人がおり、現地の生活スタイルも多く体験しています

そう行った体験の中で、ヨーロッパでのライフスタイルは今後の日本のライフスタイルの姿なのではと感じることがよくあります

中国やアメリカは世界の中でも異端

日本にいると、中国やアメリカが話題によくでます。
確かに、両国ともに景気が良く、大国であり、経済的にも地理的にも日本に近いので影響力の強い国です

しかし、世界的に見るとこちらの二国のような状況というのはかなり特殊です

アメリカのように世界中から優秀な人材が集まり、お金持ちに対する税制もきちんと整備されており、人口が増え続けている先進国というのは他にはなかなか見当たりません。
また、中国はなにせ人口が多いので、一人当たりの所得で考えれば貧しい地域も多く、成長の余地を残しているのは真っ当なことです。

こういった特殊な状況にある大国というのは世界的にはそう多くなく、現在の日本のように高齢化や人口減少に苦しむ先進国というとはヨーロッパには多くあります

イギリス、フランス、ドイツでの暮らしは、思いの外に質素

こちらの三国は、日本と同様に、アメリカのような好条件に恵まれていない先進国です。

高齢化や人口減少のために移民を受け入れたりもしていますが、それにより治安が悪化したり、イギリスのEU脱退など、様々な感情のひずみは発生しています

そういった先進国での暮らしは、日本に比べると思っている以上に質素です

特に、私はイギリスに滞在した日数が多く、現地の生活を見ることがよくありましたが、イギリス人は外食をあまりしません。
日本以上に格差が大きいので一般の暮らし、というのを比べるのは難しいですが、私の知人の一般企業に務める社会人も普通にシェアハウスに暮らしていますし、食事も簡単な自炊で済ませています。

イギリスに限らず、ドイツやフランスに住む現地の知人もいますが、そういった人たちでも、日本人のように気軽に外食をし、部屋に多くの家電があるという暮らしはヨーロッパではかなり贅沢な部類です

こういった生活が先進国でも当たり前だということを知ることで、日本の将来に対する憂は多少和らぐのではないでしょうか。

中国やアメリカの暮らしに惑わされない

アメリカにもなんどか長期で滞在したことがありますが、やはり都会のアメリカ人の生活は豊かです。
家の質も日本とは比べ物にならないほどいいですし、外食もよくします。
電化製品などにもお金をよく使っています。
先日も私が知人の家に遊びに行った時に、ドンキホーテで売っているようなパーティーグッズをたくさん購入して私を向かい入れてくれました。そういったもてなしは非常に嬉しいことですが、それと同時にちょっとしたイベントでも景気良くそういったグッズを買うアメリカ人の金銭感覚が印象的でした。

国の経済成長が進んでいることもある上に、貯金をあまりせずに投資をすることや不動産の価格が下がりにくいなどあり、アメリカ人の使える額が日本人よりも多いのは当たり前のことです。
彼らのライフスタイルをスタンダードとし、そこに達していないから日本は衰退していると考えるのはやはり無理があるでしょう

中国のライフスタイルも同様です
あまり日本で、中国のライフスタイルを知っている人は多くないのではないでしょうか。
中国人で日本人と同様の所得を得ている人は一部です。
一般的な中国人は、まだまだ生活が楽ではない人が多いです。
私の知人でも、大学を卒業したけれどきちんとした仕事につけないので、パートタイムで働いている、もしくは工場仕事をしているという人が何人かいます
確かに中国の景気は良く、今後も多少の成長は期待できるでしょうが、かといってそのライフスタイルは日本人が憧れるようなものではないでしょう。

普通の先進国の日本として、身の丈にあった生活を

日本は高度成長はとうの昔に終わり、いまは一般的な先進国になりました。

日本はアメリカの影響が強く、そしてアメリカ映画やドラマの影響からアメリカ的な暮らしが豊かなものだと思いがちですが、一般的なヨーロッパの先進国の暮らしぶりというのは、私たちが想像する以上に質素なものです

今の日本はアメリカ的な暮らしをいまだに追い求めているので、現実との収入の間に祖語が生まれ、そこから不満や将来への不安が生じているのではないでしょうか。

外食の回数が減り、買い物もそこまでしなくなるのは世界的にみれば普通の先進国としてごく当然のことです
そういった、自然な流れを知っておき、日本が今後どのような立場になっていくのかを理解しておくことで暮らし方も楽になるのではないでしょうか

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする