高級品を長く使うべきか、流行り物を使い捨てていくべきか


こんにちは、中山尚互です

私はインターネット場での物販をしており、ここ最近はなんとか暮らしていけるようなってきました。

さすがに高級車を買ったり高級レストランにいくことはできませんが、たまに友人と食事に行ったり、趣味の海外旅行にいくことぐらいの贅沢はできています

ある程度の欲しいものも自由に買えるようにはなっていますが、すると、今後は自分はどのようなものを買っていくべきなのかということをよく考えるようになりました

質の良いものが安く簡単に買えるようになった

もう、あちこちで言われており手垢のついた表現ではありますが、ここ数年で買い物は本当に便利になりました。

家電の値段は数年前に比べて、機能はそのままで驚くほど安くなりましたし、アマゾンなどのサイトを使えば簡単にどんなものでも買うことができます。

型落ち品などの価格のとても安いものも簡単に見つけることができます。
このおかげで、欲しいものを我慢するということもなくなりました。

ものを所有しておく必要がない

こういったアマゾンなどの通販サイトの発達により、欲しいものがすぐに手に入るようになりました。
注文をして、二日もすれば大抵のものは手元に届きます。
これは、アマゾンという巨大な倉庫を自分が所有しているのとほぼ同じです。欲しいものがあればその瞬間に注文すれば良いのですから、いつかつかうだろうといって手元に置いておく必要性がなくなりました。

このような変化によって、私たちの所有に対する必要性というのは大きく変わりました。
手元に常に置いておく必要性がないのですから、実際に必要なものといえば衣類と簡単な家電程度しかありません。

そして、このように手軽に商品が入手できるとなると、日常利用する商品も購入の基準が変わってきました。

低価格の商品を試しに買う

特に、私が考えるようになったのが、どのような価格帯で購入をするかです。

現在のように、なんでも低価格で手軽に入手できる時代となってからは、流行りの商品を使い捨て感覚で購入するということが容易になりました。

例えば私が先日購入したのはこちらのミキサー

手頃な価格なので、お試し感覚で購入をしてみました。
暑い日にはスムージーを作るなどして重宝しています。

ただ、安いだけあり、多少あまりパワーがないため硬いものを入れることができなかったり、見た目のチープさも確かにあります。
ずっと使っていると焦げ臭いにおいもするので、多分そこまで長期間利用できるものではないでしょう。

こういった買い方ができるようになる前までは、こういった家電は電気屋で購入をするのが当たり前でした。
買うのにも手間がかかりましたし、安い商品を探すのもなかなか難しいので、今よりもはるかに多くの代金を支払って商品を購入していました。

しかし、今ではこういった、そこそこ安くて品質も悪くない商品を手軽に買えるようになりました。

こういった変化のおかげで、私たちはいろいろな商品を気軽に試せるようにもなりました。
こちらのミキサーに関しても、私はここまで低価格でなければ多分購入しなかったでしょう。
自分の生活にそれまでなかったものが低価格で気軽に試すことができる。
それは、ここ数年で私たちの生活に訪れは非常に大きな変化です

高価な商品を、長く大切に使う

こういった買い物のスタイルが変わってきたことにより、私は高価な商品をほとんど買わなくなってしまいました。
高価な商品を購入して大切に長く使い続けるよりも、低価格でそこそこの商品を購入して使い捨てていくほうがメリットが多いからです

流行りのものが試せて、新しいものがでればそれもすぐ買える。
その上、気軽に使い捨てることができるので実際に商品が魅力的でなかったとしても低価格なのでリスクは少ないし、故障しても新しいものを買えばいい。

そういった理由から、安価で中程度の品質の商品を購入することのほうがメリットが多くあります。

しかし、今でもやはり、商品によっては高級な商品を使い続けることでのメリットもないわけではありません

例えば、私が先日購入したこちらのジーンズは、今後10年履き続けるつもりで購入しました。

値段はそこそこしましたが、安価な商品と比べて履き心地が良く、色落ちも楽しめるので気に入っています。
シンプルで定番のデザインなので、今後飽きてしまうこともないでしょう。ジーンズであれば、今後大きなイノベーションが起こって使うことが全くなくなるということもなさそうです。

こういった、長期間利用し続けることができる、そして飽きないというものであれば、高級品を買うという選択肢もないわけではありません

しかし、こちらのジーンズと同様に、10年使うつもりである程度の値段の財布も購入予定でしたが、やはりやめることになりました。
財布の場合、今後キャッシュレスの大きなイノベーションが起こる可能性が十分にあり、そういった際には私が買った財布もなんの意味もなくなってしまうということも十分に考えられます

良いものを長く大切に使い続ける機会は少なくなっていく

こうした時代の変化により、良い品を長く大切に使い続ける機会というのはどんどんとなくなっていくのではないでしょうか。

パッと思いつく限り、洋服、寝具、食器など、もう何百年も姿を変えていないようなもの以外はすぐに何かしらの社会の変化が起こって古いものになってしまう、もしくは新しいものを使い捨てていくほうが便利な世の中になりつつあります

まとめ

自分の買い物のスタイルがここ数年で大きく変わりました。

また数年後には大きく変わっている可能性は高いですが、今後も柔軟に時代の流れに沿っていく必要があると感じています

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする