移動が多い人にとって、ちょっとした食事は果汁グミかベストかも


こんにちは、中山です

私は、比較的移動をよくする方かと思いますが、出先の食事はできるだけ安く簡単に済ませたいと思っています。

色々と試してみましたが、果汁グミが一番いいのではという結論に至ったのでその経緯を紹介します。
ちょっと極論なのかもしれませんが、私の果汁グミ愛を感じていただけると嬉しいです

出先では、できるだけ簡単に、早くて安く食事を済ませたい

私は、食事はその時の状況や場面においてできるだけ場合分けをするようにしています。
大切な人との食事ではできるだけ雰囲気がよく、値段が多少したとしても質の良い食事を。
友人との食事会では、気軽に食べられる簡単な食事を。

そして、出先に1人で食べるのであれば私は少しでも早く安く食事を済ませることができればいいと思っています。
出先では味や栄養価は正直どうでもよく、その瞬間の空腹感が満たされれば全く問題ありません。
そういった条件を満たす条件として、ファストフードも良いのですが、牛丼やハンバーガーなどでも300円ほどはしますし、一旦店に入り、注文をして食事をするというだけでトータルでどんなに急いでも10分以上はかかってしまいます。
そのため、私は出先で1人で食事を済ますときにはそういったコストが惜しいのでファストフード店は利用せずにコンビニなどでの軽食の購入で済ませるようにしています。

そのなコンビニでの軽食の中で、安く簡単に食事ができるというものを探していった中で私が一番適切だと感じるものが果汁グミです
味を全く加味しなければ、簡単さ、安さで考えるとお惣菜やお弁当などではなくお菓子の方が食事には適切です
そんなお菓子の中でも、ポテトチップスはかさばり、歩きながら食べることができず、そしてたくさん食べると胃がもたれてしまいます。
チョコレートは手が汚れてしまうことがありますし、暑いところでカバンに入れていると溶けてしまいます。
そういった利便性も考えると、グミが一番シンプルな食事という結論に私は至りました

シンプルであればあるほどいい

そんなグミのなかで果汁グミの一番良いところはそのシンプルさです。
グミにも多様な種類がありますが、表面に砂糖がコーティングされていたり、酸っぱい粉が添加されていたり、独特の形をしているものが多くあります。

しかし、私は出先の食事は安く早くを最優先にしているため、そういった装飾のような特殊な形をしている必要はありません

また、特殊なタイプのグミはコンビニによって売っていたりいなかったりすることがあるので、自分が欲しい時にない場合、探す時間が無駄になってしまいます
その点、果汁グミは私はこれまでコンビニで置いていなかったことがなく、探す必要が全くありません
コンビニに入り、果汁グミを買うということだけを決めておけば、それ以上の商品を見る必要がなく、探す必要もないので時間の節約になります

そして、果汁グミのような味も食感もシンプルなものを食べていると、他の食事の複雑さがより際立つようにもなります。
出先の1人での食事でグミを食べ、そしてその後に知人とお酒を飲んだりすると、そのときのつまみの味の複雑さや食感の複雑さが非常によくわかるようになります

自分のなかで、果汁グミの味や食感が全ての基準となるため、それよりも他の食事がどれだけ複雑なのか、味に多様性があるのかを比較することで把握しやすくすることができます。

食べ終わった袋がかなり使い勝手がいい

また、果汁グミはアルミでジップのついた袋に入っていますが、こちらがかなり使い勝手がいいです。

私の場合、海外に旅行に行く際には、カード関係は食べ終わった果汁グミの袋に全て入れるようにしています

このように、カードを入れるサイズにちょうどよく、出し入れもしやすいです。
ジップもついているので中身が落ちる心配もなく、かさばらないので非常に便利です。

さすがに人前で見せるのは恥ずかしいですが笑、自分しか見ないようなキャッシュカードなどはこちらに全部入れています。

カードだけでなく、ちょっと出歩く時には財布がわりに利用もしています。
例えば、海やプールに行く時には水着のポケットに多少のお金を入れた果汁グミの袋を入れておき、私は財布がわりに使っています。
ジップがついているので多少の水なら大丈夫ですし、わざわざ財布を持っていきたくない場所で使うには便利です。

また、途上国では路上で財布を出すことが若干危ない場所もあります。
そういった場所では、こちらの袋を財布がわりにすることで危険を避けることができます

まとめ

以上、私の果汁グミへの愛を書いてみました

アマゾンでのまとめ買いだとコンビニで買うよりも安いので、私はよくまとめ買いをしてカバンに入れています。

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする