小額の送金であれば、Amazonギフト券で代用する取引がひろがっている


こんにちは、中山です

私はネットを通じて物販をしていますが、その際に小額の金銭の取引ですと近年はAmazonギフト券で支払えないかという提案を受けることがよくあります

Amazonギフト券でのやりとりは便利な点もありますが、リスクもあります。

特に、このリスクが厄介で、危険なこともあるため、私はこの広がりつつあるAmazonギフト券のやりとりをあまりオススメしません

小額の送金の場合、Amazonギフト券での取引を提案されることが増えてきました

Amazonギフト券は、Eメールタイプと呼ばれるものを購入すると、アルファベットと数字を組み合わせたパスコードのようなものが発行され、そちらを入力すると購入した価格のギフト券がそのままアカウントに登録されます。
こちらのパスコードを他人に教えることで譲渡となり、相手にギフト券を渡すことができます。

ネットで物販をしていると、たまにトラブルが発生して返金となることがあります。
そういった際に千円程度の返金であれば、相手の方から返金はこういったAmazonギフト券でいいと提案を受けることが近年は増えてきました。

ほかにも、私が返金を受けるような時にも、アマゾンギフト券で払わせてもらえないかといわれることが何度かありました。

そういった、ネット上での取引では、小額の返金をAmazonギフト券で済ますということが近年増えてきています

リアルタイムで反映できる上に、送金手数料がかかりません

Amazonギフト券は、自分が購入した金額のギフト券をパスコードを伝えることで相手に渡すことができ、送金手数料がかかりません。
また、リアルタイムで繁栄を確認できますし、登録も手軽です

銀行を介しての送金は数百円の手数料がかかる上に、他行への送金は時間がかかることもあるため、Amazonギフト券の方が簡単に送金を済ませたいという人には便利です

アマゾンギフト券はアマゾン内であれば現金と同じように使うことができますし、アマゾンの品揃えは非常に多く利用者も多いので、大抵の人であればAmazonギフト券は現金とほぼ同じ価値として受け取ることができます

こういった、手数料や手続きの時間が省略できるという意味では、昨年から話題になっている仮想通貨に近いものがあるのかもしれません。
仮想通貨の中には中央に管理者のいないブロックチェーンと呼ばれる仕組みではなく、中央に管理組織を置いているコインがいくつかありますが、Amazonギフト券はそちらによく似た利便性として考えることができるのではないでしょうか。
日本円の額面通りの価値という意味では仮想通貨と違いますが、オンライン上での流動性の高さはほとんど通貨として使えるものなのではと感じます
さらに、アマゾンが価値を保証してくれているので、よくわからないコインを使うよりもはるかに信用できます

ただし、リスクもあるため、ギフト券で支払いをすることはオススメできません

このように便利なAmazonギフト券を介しての送金ですが、リスクもあります

アマゾンは個人間でのギフト券の売り買いを承認していません。
そして、そういったやりとりで取得されたギフト券の中で詐欺に利用された可能性のあるギフト券は凍結をされてしまうことがあります

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

本Eメールは、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券の登録履歴があるお客様にお送りしています。

Amazon.co.jpが承認していない転売サイトにおいて、不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券が販売される事例の報告を受けております。未承認のサイトから購入したAmazonギフト券につきましては、トラブルが発生してもAmazon.co.jpでは一切責任を負いかねますので、ご注意くださいますようお願いいたします。下記のサイトはその一例です。

・amaten https://amaten.com/
・アマオク! https://amaoku.jp/
・giftissue http://giftissue.com/

Amazon.co.jpでは、細則の規定に基づき、転売もしくは不正に取得された可能性のあるAmazonギフト券のロック(凍結処置)、および無効化を行っております。そのため、お客様に心当たりがない場合でも、詐欺の可能性により、お手持ちのAmazonギフト券が使用できなくなる場合があります。

Amazonギフト券を使用できなくなった際は、必要に応じて、ご自身で購入先または警察等、公的機関までご相談ください。また、Amazon.co.jpにて該当するAmazonギフト券の状況確認、および調査への協力はできませんのであらかじめご了承ください。

なお、不正なAmazonギフト券のご登録が繰り返し確認された場合は、警察等公的機関への報告やAmazonアカウントの閉鎖を含め、さらなる対応をとらせていただく場合があります。アカウント閉鎖の際は、その時点で残っているAmazonギフト券、Amazonポイントおよびクーポンが無効となりますことをご留意ください。

不正行為防止のため、お客様のご理解、ご協力をお願いします。

Amazonギフト券細則https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201384860

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、およびギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません。これらの 制限に反して取得されたギフト券につきましては、アマゾンまたはその関連会社は、利用をお断りする場合がございます。

参考:Amazonギフト券のご購入に関する注意https://www.amazon.co.jp/b/?ie=UTF8&node=4705466051

こういった案内が、アマゾンからされています。
誰かがだまし取ったAmazonギフト券をネット上で販売サイトなどを通じて流通させていることがあり、そういった詐欺によって流通しているギフト券は被害者の警察の相談などを介してアマゾンが凍結されることがあります。

送金の代わりにアマゾンのギフト券を受け取った場合、相手のギフト券の入手どころがこのような転売サイトなどで、詐欺行為によって取得されたギフト券の場合、その春海の手続きは完了したとしても後ほど凍結されてしまう恐れがあります。

こういったリスクがあるため、Amazonギフト券を現金の代わりに送金されるという取引は、私はリスクが高いと感じており、取引相手から提案されても承諾するのはあまりオススメできません

こういったリスクがあるからこと、万一の際に備えて小額での送金しか使われていないということもあるでしょうが、基本的にリスクがあるものということを認識しておくことが大事です。

まとめ

アマゾンギフト券での取引は便利ですが、リスクもあります。

自分が購入して知人にプレゼントとして渡すと喜ばれますので、本来のそういった使い方をしていくのが一番かと思います

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする