MackBook2017年モデルの購入レビュー。お得な買い方は整備品です


こんにちは、中山尚互です

長年、MackBookAirを使っていたのですが、この度2017年発売のMackBookに買い替えをしましたので、そのレビューです

一言でいうと、やはりキーボートがネックです

細かいことは以下にてご紹介いたします

2017年モデルから、キーボードの仕様などが大きく変更されています

現在の、かなり極薄のMackBookは数年前から販売されていましたが、スペックの問題やキーボードが使いにくいということから購入は控えていました。

しかし、2017年モデルは現行のMackBookAirよりもスペック的にも高く、キーボードの仕様も改良されたということから、AppleStoreにて触ってみて良さそうだったので思い切って買ってみることにしました。

ちなみに、私の買ったもののスペックはこちら。

一番安い仕様にしましたが、これまで使っていた2015年発売のMackBookAirよりも全てにおいて上のスペックになりました。

私は通常、メールの送信やブラウジング、資料の作成などにPCを使ってますが、全くストレスを感じることはありません。

動画をつくるとなると若干厳しいかもしれませんが、普段使いなら全く問題ないでしょう

とりあえず、小さくて薄い

これまでMackBookAirを使っていて、十分に小さくて薄く運びやすいと感じていましたか、こちらはその上をいく小ささと薄さです

AppleStoreからこちらの箱がはいったダンボールが届いた時には、あまりの小ささにアクセサリーだけ別に送られてきたのかと思いました
ちょっとした化粧品とか衣類と同じようなサイズ感のダンボールに入っています。

ダンボールを開けると顔を覗かせるこの白いパッケージ。
あいかわらずアップルのシンプルなデザインはかっこいいです

フペースグレイにしてみました。

iPhoneと合わせたかったのと、MackBookAirと違う色にしたかったのでこちらの色をチョイスです

かっこよくて気に入っています

キーボードに関して

上記しましたが、こちらのキーボード。多少改善されたとはいえ、これまでのMackBookAirなどと違いバタフライ構造というものが採用されています

押し込むように押すのではなく、クリックをしているような手応えでタイピングができます

こちら、時間とともになれるのかなと思っていたのですが、私が一週間使ってみて、結局どうしてもなれませんでした

短時間のタイピングであれば全く問題ないのですか、ほぼ一日中パソコンを使うような私にとって、こちらのキーボードは結構疲れが蓄積します

1日の数時間程度つかうのであれば全く問題ないと思いますが、一日中PCで作業をする方にはお勧めできるものではなかったです

こちらのキーボード、MackBookProでも採用されています
そちらもAppleStoreでいろいろと触ってみましたが、やはりあちらも長時間となるときついのではないでしょうか。

携帯性を重視したMackBookだけでなくProも同じキーボードを採用したということから、Appleは今後こちらのバタフライ構造のキーボードで商品を作っていくのかと思います

こんご、改良されるのでしょうか。
それとも、私がまだまだただ単になれていないだけで、今後はこの構造のキーボードがスタンダードになるのでしょうか。
気になるところです

USB-Cポートについて

こちらも、MackBookの大きな特徴です。
ノートブックに、充電用のUSB-Cポートが一つしかついていません。
こちらに関しては、USBは使わないという割り切りか必要ですが、私の場合、変換アダプターの購入はしましたが、そこまで不便を感じることは現在ありません。

USBを使うとなると、ここ最近ではUSBメモリの接続ぐらいしかないのでアダプターもそこまで利用していません

iPhoneとの同期は、wifi環境のもとでワイアレス接続をしています

タブレット感覚で使えるのは良い

こちらのノートは本当に軽いので、iPadのようなタブレット感覚で持ち運ぶことができ、室内でも使用ができます。

寝転がって片手に持って画面をみながら操作、みたいな使い方をしても疲れません

私はiPadは持っていないので、こちらが使えることで満足はしています

私は室内では、外付けディスプレイ、キーボードを使用しています

使用をしていてあまりに疲れるので、私は室内で作業をするときには外付けディスプレイとキーボード、マウスをつけて利用するようにしています。

ノートの意味がないじゃないか、と言われそうですが、持ち運ぶときだけノートとして使い、自宅はこれらを外づけしてデスクトップのような使い方をしています。

ノートをデスクトップのような使い方をすると熱がこもりやすいという話も聞きますが、私が使っている限りそのようなことはありません

私の使っている外付けアクセサリーはこちらです

ディスプレイは価格重視で選びました。文章を売ったり、Youtubeをみる程度なので満足です

USB Cハブはこちらにしました。ディスプレイに接続するためのHDMD端子とUSB3.0がある、必要最低限のタイプです

ハブは他にも似たようなものがあるのでいろいろ試しましたが、HDMDが低解像度だったり、熱がこもりやすかったりとトラブルが多く、最終的にこちらに落ち着きました。
今の所トラブルもなく気に入っています

キーボードは純正にしました。特にアップル製品にこだわる必要もないのですが、小さいことと打ったときの感触が以前使っていたMacBook Airにちかいことからこちらにしました。
もう少し安価なものでもよかったかなとも思いますが、問題なく使えています。

マウスはトラックボール付きのこちらにしています。トラックボールはなれるまでちょっと大変ですが、慣れてしまうと肩こりもしにくく、スペースも取らないので便利です

オススメの買い方は整備品

マックブックのオススメの購入の仕方として、整備品の購入というのがあります

Appleのページの中から整備品のページを探すと、初期不良などで戻ってきた商品を整備し直して割引価格で販売しています。

こちら、商品として全く問題がないのに割引価格で買えるということでお得です

私も、今回整備品で購入をし、定価から3万円ほど割引価格で購入をしました。
もちろん、通常のMacBookを購入するのと何も変わりなく問題なく利用できています

まとめとして、あまりお勧めはできないのかもしれません

上記のようなレビューですが、総じて今後こちらを買う人がいるとしたら、私はそこまでお勧めはしません。
MacBook Airは本当に名作と言える使いやすいノートでしたが、こちらに関しては本当にこのキーボードの仕様の癖が強すぎます。

多分、慣れたとしても通常のキーボードには及ばないでしょう。

ブラウジングや動画の再生は問題なくできるので、そこまで長時間キーボードを使う習慣がなく、外に持ち出すことが多い方には便利かもしれません
iPadと同じような使い方をするのであれば、こちらのほうが融通が利くので便利です

私の場合は、海外に持ち出すことが多く、海外ではキーボードを使うことがそこまで多くないので自宅と海外とで使い方を変えるということでなんとか今後も使えていきそうです。

ただ、私のようにキーボードを長時間打つ人の場合は他のノートを検討したほうがいいかもしれません

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする