海外での値段交渉のテクニック


こんにちは、中山尚互です
海外での買い物で日本と決定的に違うのが、購入の際の値段交渉です

アジア諸国でとは商品の低下が決まっていないことが多く、どのように交渉すればいいのかわからずに不当な値段で商品を買ってしまうことがよくあります
アジアの露店で、自分の買った商品がぼったくり価格だったことに気づくというのは誰しもが経験することなのではないでしょうか

そんな値段交渉で、少しでも話を有利にするためのテクニックを紹介します
(あくまで私の主観によるものなので、ご了承ください)

まずは複数の商店を確認

こちらは、海外の市場で買い物をするときに基本になります
正直、かなり面倒臭いのですか、複数の店舗を見て、その店でそれぞれいくらと言われるのか確認しておくとその商品の値段感覚が掴めます

注意するのは、この段階では値段は聞くだけで値段交渉などはしないことです
一度値段交渉を始めると、基本的にこちらが納得するか相手が諦めるまで交渉をすることになってしまいます。交渉を途中でやめるのは相手にも失礼なので、価格を聞いてなんとなくの相場を体感しておくだけにしておいた方が無難です

また、はじめにいう値段は、国や街によっても大きく異なるので注意が 必要です
タイなどでは、せいぜい底値の1.5から2倍程度の値段が、値段を聞いた時の言い値になることが多いですが、中華圏などではもう少し高くなることがあります
また、インド圏の観光地では言い値と最終的に交渉した金額が十倍以上になるということもよくあります
自分の今いる場所がどういう場所で、商人はどういう値段感覚で商売をやっているのかというのはきちんと把握しておく必要があります

かなりめんどくさい作業ですが、もともと商売というのはこのようにお互いが納得する値段を決める作業です
日本などでは定価での販売が一般的でかなり効率化されていますが、こういった昔からのスタイルを感じるという意味でも、値段を聞いて回るという作業は楽しめるものです

商店の立地を見る

こちらも少しでも安く商品を買うには大切なことです。
日本でもそうですが、観光地や外国人が集まる場所では商品は高く設定されています
値段交渉をしても、そこまでの値下げは期待できません

人通りが多いところよりも、多少入り組んだ細い道の方が値段交渉はやりやすくなります

また、新興国の商店の主人は性格がわかりやすく顔に出ている人が多い気がします
意地の悪い店主は顔でなんとなくわかるので、穏やかな顔をした店主の元で買い物をするのが得策です

サングラスをかけて、できるだけ言葉を話さない

こちらは、私個人としてはラテンアメリカや中国などで有効な手段でした
ラテンアメリカなどでは、そこまで値段交渉が活発ではなく、言い値から値段が下がることはあまりありません
しかし、相手が外国人だとかなり値段をふっかけてくることがあります
そう言った際に、サングラスをかけているとこちらが外国人なのか、アジア人なのかというのが相手にわかりづらく、そして言葉をあまり話さなければ、もしかしたらこの人は現地の言葉を話せて商品の定価もわかっているのかもしれないと思わせて、値段を釣り上げることを避けることができます

中華圏でも、あまりな話さないというのは有効です
中華圏であれば、言葉を発しなければこちらが日本人なのか中国人なのかわかりません
他の省から来た中国人だと思ってもらえれば、そこまで値段を釣り上げられなくてすみます

ただ、威圧的な態度を取ってしまうと相手に失礼ですし、嫌われて極端に高い値段を言われてしまうこともあるので注意が必要です

高価なものは身につけない

こちらは新興国では治安の意味でもやっておくべきことですが、あまり高価なものを身につけているとお金を持っていると思われ、ぼったくられる可能性が上がります

できるだけラフな格好でマーケットに行った方がいいです

財布の中も、店主は結構見ています。
あまり札束は入れておかない方がいいです

できるだけ細かく値切る

いざここで買い物をしようとした時には、できるだけ細かく値切った方が値段が下がる傾向にあります

細かく値切ることで、多少の値段でも値下げには敏感であることを相手にアピールすることができるので、相手も大雑把な値段は行って来なくなります

多少いちゃもんをつけてみる

この商品はちょっと色褪せて見える、角が擦れているからまけてよ、なんていう交渉の仕方もありです
相手に失礼にならない程度には使える方法です

その場の雰囲気や相手の言葉に飲まれない

インド圏などでよくありますが、値段交渉をしていると周囲に人が集まって来て、だんだんとヒートアップしてしまい,細かい値段交渉ができなくなることがあります

他にも、今日は特別な日だから安くしておく、君が今日の一番初めのお客さんだから安くしておくというのは、あまり信じられることではありません

値段交渉をする状況がそのようになってきたら、交渉をやめるのも一つの手です

ラストプライスを有効に使う

インド圏では、ラストプライスという言葉をよく使います
これが自分の提示できる最後の値段。これで納得しなかったらこれで交渉はおしまいだよ、という意味ですが、逆にこちらもこの言葉は使えます
相手がラストプライスと行って来たら、その1割ほど低い値段で、これがこちらのラストプライスがと言えば大抵の場合は折れてくれます

相手もお客さんを逃したくはないという気持ちがあるので、多少強気な値段でもラストプライスだと言って自分の希望の値段を伝えるのは有効な方法です

一度その場を立ち去る

なかなか値下げに応じてくれない場合、一度その場を立ち去って見るのも有効な方法です

店主が追いかけて来て、いくらならいいんだと聞き返して来たらしめたもので、こちらに有利な交渉ができます

店主が追いかけて来なくても、しばらくしてから、やっぱり戻って来たよ、と言いながら買い物をすればいいだけです

多少強引に買ってみる

あまりオススメはしませんが、相手のラストプライスに納得できない場合、この商品はちょっと汚れているから、これでおあいこだな、なんて言いながら、店主の言う値段よりもちょっとだけ少ない額を相手に渡してそのまま商品を受け取る、なんてことも試してみてもいいかもしれません

ただ、悪意があると言うよりはあくまでジョークのような感覚で、笑顔を絶やさずに相手に不快な思いをさせないことは大切です

相手に失礼にならず、お互いに納得できる交渉をするのと言うのはとても大切です
また、治安の悪いところではそんな強引な交渉は身の危険もありますので絶対にやめてください

まとめ

ぼったくられないように、少しでも良い価格で買い物ができるように、いろいろな方法をまとめてみました

いい値段で買ったと思っていたらそれよりも安い値段のお店を見つけてがっかりしてしまう。そんな、誰しもが体験することも、少しでも楽しみながらやってみるとなかなか旅行の醍醐味のひとつになったりするものですよ

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする