関空のぼてぢゅうでプライオリティパス。モーニング、複数人での利用は課金されないのか確認してきました


空港にあるラウンジを利用できる、プライオリティパスは旅行者にとても便利なカードです。特に、楽天プレミアムカードを契約していると、こちらのカードの年会費10800円で持つことができ、ラウンジが使い放題となるので、多く空港を利用する人にとっては大変コスパの良いカードです

そんなこちらのプライオリティパスが、関西国際空港にあるお好み焼き屋、ぼてぢゅうでも利用できるようになりました

こちら、大変お得なのでそちらを紹介します
また、連れといっしょに複数名でも利用可能なのかなども確かめてみました

ぼてぢゅうはセキュリティチェック前、出発時も到着時も使えます

関空には、プライオリティパスで使えるラウンジは、大韓航空のものです
こちらはセキュリティチェック前の3階にありますが、出国の航空券の提示を求められるため、チェックインのあとでしか利用をすることができません

ぼちじゅうもセキュリティチェック前の3階の、大韓航空のラウンジからそう遠くない場所にありますが、こちらは航空券の提示を求められることもなく、出発時も到着時も利用が可能です
店員さんにも到着時に利用も問題ないことは確認しました

こちらの4番がぼてぢゅうです。
大韓航空は22番のユニクロの奥にあります

3400円が食べ放題、モーニングメニューはややお得感にかけるかもしれません

プライオリティパスを提示すると、こちらのぼてぢゅうで3400円ぶんのメニューが食べ放題です

朝の7時にオープンで、午前10時まではモーニングメニューになっているのは注意です

モーニングメニューはこんな感じ。これと、ドリンクが注文できます。
時間がかかるからなのか、この時間はお好み焼きは注文することができません。
メニューにはありませんでしたが、アルコールも注文することができました

また、この時間は店員さんが全て外国の方でした。日本語が通じるので全く問題はないですが、すこし不思議な雰囲気です

10時以降には、こちらの通常メニューがオーダーできます。
やはり、お好み焼き屋さんなのでお好み焼きは頼みたいですね

美味しいです

たこ焼きとビールで晩酌なんかもできちゃいます

めいっぱい3400円を使うとしたら、フードメニューを二品とアルコールを二杯、そしてデザートぐらいは注文ができました。
3400円を超えてしまった場合は、そのぶんは現金での支払いです

同伴者が利用する場合はどうなっているのか

プライオリティパスの利用者に対しては、こういった注意書きがぼてぢゅうの壁に貼られています

長い文章だったので、店員さんに質問をしてみました
私の質問と、店員さんの返事の概要は以下の通りです

プライオリティパスの提示で、同伴者は何名まで利用できるのでしょうか? → 制限はありません。1人でもプライオリティパスを持っていれば、その同伴者全員が利用をすることができます。ただし、逆に、同伴なのにプライオリティパスを利用しないということはできません。1人でもプライオリティパスを利用する場合、その同伴者は全て3400円ぶんの支払いなしで利用してもらうことになります

プライオリティパスの利用で、同伴者の利用も全て無料になっているということで間違い無いのでしょうか。あとで、カードに引き落としがかかったりする可能性はないのでしょうか? → プライオリティパスの利用にて、ぼてぢゅうを利用する際の支払い額が無料になるというサービスです。その後、プライオリティパスに請求が行くのかどうかは、カード発行会社に問い合わせてください

とのことでした。
つまり、同行者を連れていった場合、確かにその場では同行者は全て3400円ぶんの支払いが無料になりますが、そちらの利用額がその後、カードに請求される可能性もあるということです。

こちら、通常の空港ラウンジでプライオリティパスを利用しても同様の状況があります
その場では支払いをしなくても、その後、プライオリティパスを発行したクレジットカードに請求されるというのはラウンジでの同伴者がいる場合には通常のことです

自分の所有しているプライオリティパスが、何人まで同行者無料になっているのかは、そのクレジットカードに寄りますので各自確認が必要です。
例えば、三井住友系のスルガVISAインフィニットカードでは、同伴者は4名まで無料になります。
楽天カードでは、楽天ブラックカードは同伴者は2名まで利用が無料です。

プライオリティパスを取得するために一番年会費の低い、楽天プレミアムカードは、残念ながら同伴者が無料になるサービスはありません
こちらのカードから 発行したプライオリティパスでラウンジを利用した際には、同伴者がいた場合には後日請求がかかりますので要注意です

ぼてぢゅうも同様に、プライオリティパスを利用した場合に同伴者が無料になるかどうかは、発行したクレジットカード会社によるので注意が必要です

ただし、実際の利用者の声を聞いてるみると、同伴者がいても請求がかからないことがよくあるとのことです

こちらは、上記のぼてぢゅうやプライオリティパスの説明と矛盾しますが、twitterなどを見ていると、ぼてぢゅうをプライオリティパスを使って同伴者とともに利用をしても、同伴者が無料にならないカードの場合でも請求がかからなかったという報告がよく見受けられます

こちらは、お店のサービスなのか、それとも本音と建前は違うのか、よくわかりませんが、現在のところそういったことが多く起こっているようです
利用をする際に注意するのは、プライオリティパスを利用した時にもらえるレシートです

こちらのTotal Lounge User の数が1になっていれば、楽天プレミアムカードで発行したプライオリティパスでも同行者がいてもあとで請求されることはありません

なぜか、ぼてぢゅうでは同伴者がいても、こちらのユーザーの数が1になっているようで、そういった利用者の声を私は何度か確認しています
こちらに関しては、私はこれ以上の確認はできませんでした

まとめ

プライオリティパスを利用できるラウンジは海外には多くありますが、日本には少なく、特に到着時に使えるものはこちらしか無いので、ぼてぢゅうにはかなりお得感があります

今後も、関空を使う際には必ず寄る場所になりそうです

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 下記のページから 2017年の空港利用者数が確認できて便利ですので連絡しておきます。
    https://opendata-web.site/station/airport/

  2. sgnkym より:

    システムクリエイトさん、コメントありがとうございます

    拝見しました。こうして数字を見るといろいろと発見もありますね