日本円⇆韓国ウォンを少しでもお得に両替する方法まとめ


先月、韓国に滞在しておりました。

年に何度か韓国に旅行に出かけていますが、そんな私の経験から、日本円から韓国ウォンへの両替のおすすめの方法をご紹介いたします。

また、取扱店のレートはその時によって変わります。
私の経験則でおすすめを紹介しますが、両替をする際にはその都度ご自身で確認をしたほうが確実です。

明洞にある、中国大使館前の両替所

明洞にある、大使館前の両替所が、多分ソウルで一番レートが良いと思います。
こちらにある、宝くじやのような外観の小さな建物で、いつも行列ができているのですぐにわかります。
並んでいる人が多くても、回転が早いのですぐに両替はすることができます。
中国人のスタッフが働いていて、残念ながら英語はほとんど通じません。
店の中にはレートがリアルタイムで表記されているので、念のため確認してから両替したほうがいいでしょう。

日本円から以外でも上記の通貨の両替はとてもお得です。

また、もしこちらが営業時間外であっても、ここから南に100mほど歩いたところにセブンイレブンがあり、その建物の中でも両替をしています。
そちらのお店も上記の大使館前両替とほとんど変わらないレートで両替をしています。

どちらもおすすめの両替所です。
私はいつも空港から明洞まではクレジットカードを使ってバスに乗り、こちらで全て両替をすることにしています。

ここまで行くのは面倒、という場合にはソウル駅の周辺にはわりと良いレートの両替所が多くあります。
ソウル駅の周辺には、大使館前の店ほど圧倒的に高レートのお店というのはないので、ご自身でひとつひとつ確認して納得のいく場所を探すのがいいかと思います。

ソウル駅の周辺のレートは、日本で両替するよりもよく、大使館前よりは少しよくないという感じです。

日本で両替したい場合は秋葉原のインターバンク

日本で日本円からウォンに両替をするのはレートが悪い場合が多く、基本的におすすめはしません。

韓国に着いてから、上記にある大使館前に行く余裕がなくても、空港や近くにある銀行などで手短に両替をしたほうがお得です。

しかし、どうしても日本で高レートで両替をしたいのであれば、こちらの記事でも紹介した秋葉原のインターリンクがレートが高い場合が多いです

待ち時間もなく、すぐに高額の紙幣でも両替をしてくれるのはありがたいです。
韓国ウォンが大量に余ってしまい、日本円に変えておきたいという時などおすすめです。

日本で事前にウォンを用意しておきたい場合はマネパカード

Manepa Card(マネパカード)では外貨の空港で高レートで受け取りをすることができるので、日本でウォンを用意しておきたい時には便利なサービスです。

注意点として、こちら空港でしか外貨が受け取れないこと、手続きに時間がかかるため、8日前を目安に手続きを進めておくひつようがあることがあります

韓国ではクレジットカードが便利なので、そこまで高額は両替する必要はありません

こちらの記事でも紹介しましたが、韓国はかなりキャッシュレスが進んでいますので、高額を両替しておく必要はありません

私が韓国で現金を必要と感じたのは、屋台での食事と電車の切符ぐらいでした。
食事は、店舗を構えているお店であれば、かなりローカル色の強いお店でもたいていカードは使えます

クレジットカードを海外で利用しても、例えば楽天カードであれば外貨利用手数料は1.6パーセントとそこまで高くはありません

外貨利用手数料はカード会社によりますので、事前に確認をしておく必要があります。だいたい、1.6パーセントが最安です。

余った小銭はポケットチェンジで両替もできます

韓国から帰国後に、小銭が余ってしまった。そんな場合はこちらの記事で紹介したポケットチェンジもなかなか便利です。

小銭はかさばる上に、また韓国に持って行くというのもなかなか不便なので、私はこちらでポイントに変えてしまっています

まとめ

韓国ウォンのおすすめの両替方法をまとめてみました

韓国は両替もしやすく、レートが極端に悪いということも少ない便利な国です

そんな中で、少しでもお得に過ごすには上記のような方法がおすすめです


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする