海外旅行で小銭が余ってしまったら、ポケットチェンジが便利。使ってみたレビュー


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

海外旅行から帰って来る際に、現地での硬貨を使い切れずに残してしまったということはありませんでしょうか。

紙幣であれば国内でも簡単に両替ができますが、硬貨は基本的に日本円へ両替ができないうえにかさばるのでなかなか困ってしまいます。

たとえ数百円でも、硬貨だからといって処分してしまうにははばかります。

そんな時に、ポケットチェンジが便利です。

ポケットチェンジで、海外硬貨をポイントへ両替

ポケットチェンジは海外の硬貨をamazonギフト券や楽天のポイントへ交換することができるサービスです。

対応している硬貨は、米ドル、ユーロ、人民元、韓国ウォンの4通貨。
これ以外に、海外の方向けに日本円の硬貨も対応しています。

そこまで多様な通貨に対応しているわけではないですが、これらの通貨が使える国に旅行する方は多いのではないでしょうか。

交換できるポイントは、こういった感じ

amazonギフト券や楽天のような使い勝手の良いポイントも対応しています。

ユニセフなどの募金系も充実しています。

利用の仕方

ポケットチェンジは、専用のマシンを使って硬貨をポイントへ交換することができます。

マシンは空港の到着ゲートの近くや、出国後のゲートなどに設置されています。
公式HPの設置場所一覧ではこういった感じです

詳しくはHPを参照ください

空港が主な設置場所ですが、他にも歌舞伎町の訪日外国人向けサービスを集めたビル、歌舞伎城などにも置かれているようです。

こちらに置かれているということは、外国人の利用も想定しているのでしょうか。

私は、羽田空港の到着口を出たところで利用しました。

こちらの緑色のマシンです

はてして、お得なのか

気になるのが、こちらのポイントへの交換レートです。

私が利用したのは2017年の11月中旬です。

1ドル112円の時に、レートはこのようになっていました。

大まかに、取引レートの85パーセントほどでポイントへ交換される計算のようです。

利用は非常に簡単

交換の仕方は簡単で、マシンの説明に沿って自分の交換したい通貨を選択すると、マシンの下側にコイン口がでできます。

こちらの、最大20枚と書かれたところにコインを投入すると、あとはポイントが記載されたレシートがでできます。

私の場合、アマゾンギフト券に交換しましたので、そちらのレシートに書かれている番号を入力することでポイントをもらうことができます。

楽天Edyなどにも対応しているので、その際はこちらの画像の左手にあるリーダーにタッチすることでポイントが付与されます。

まとめ

近年、空港にガチャポンが多く設置されているようですが、あちらは外国人向けのあまった小銭の使い道として考えられたサービスのようです。

こういった小銭を活用するサービスも多様性があって面白いです

小銭ということで額は小さいですが、わずかな手間で不要な硬貨をポイントに変えることができ、無駄をなくすことができます。

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする