メルカリでローカルルールを一切使わずに利用してみたら、取引が超スムーズになりました


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

私はフリマアプリとしてメルカリをよく利用しています。

洋服を買ったり、不用品を売ったりするのに非常に便利です。

また、私の招待コードはBMAWYVです。
登録の際にこちらを入力してもらえると、利用者と私にメルカリからポイントがもらえます。よかったらお試しください。

メルカリにはローカルルールというものがあります。

メルカリには、ローカルルールというユーザーが独自につくったルールが存在します。

例えば、

  1. 専用ページと呼ばれる取引の際に購入者のためだけの取引ページを作る
  2. 取り置きをお願いする
  3. プロフ必読と書かれている場合は、プロフィールを必ず読まないといけない
  4. 即購入不可とあると、購入をする前に売主にメッセージで確認をしなければならない
  5. いいね禁止の商品には、いいねを押してはいけない

などなど、細かいルールがたくさんあります。

重要なことは、こちらのルールはあくまでユーザーの中から自然発生的に生まれてしまったもので、メルカリの本来のルールではありません。

メルカリのデザインが購入者に有利にできて入ることや、通常通りだとあまりにも簡潔に取引ができてしまうことから、このようなルールが自然発生してしまったのかなと考えらえますが、特にそちらに従って取引をする必要はありません。

ただし、このようなローカルルールがあまりにも定着してしまっているので、こちらを守らないとトラブルの元なのが困ったところです。

わたしはローカルルールをまもらずに出品をしています。

このようなローカルルールはややこしいので、私は一切ローカルルールに従わずに商品を出品するようにしています。

商品購入をするときには出品者の意見もありますので、そちらの意向に従いますが、こちらが出品をする際にはそのようなルールはつくらずに取引ができるようにしています。

徹底したルールとしては

  1. 値段交渉を受け付けない
  2. 専用ページをつくらない
  3. 即購入が可能

ということをプロフィールに明記しておきました。

ローカルルールに従わないと、いいことばかりでした

ローカルルールを一切対応せずにメルカリで商品の出品をしたところ、いいことしかありませんでした。

まずはじめに

商品の販売が非常にスムーズに。

値段交渉を受け付けず、即購入を可能として入るので、商品はすぐにどんどんと売れていきます。

これまでは値段交渉に対応をしていたり、購入可能かというメッセージを受け付けていたのですが、そういった手間が一切なくなりました。

購入者の手続きもスムーズに。

メルカリはコンビニ支払いを選択した場合、購入者がコンビニにて代金を支払わない限り取引が進みませんが、そちらまでの手続きをスムーズにしてくれる人が増えました。

すぐに購入をしてくれる人はその後の対応もスムーズなようで、そちらは大変助かります。

変な人が減りました

購入者のなかで変な人が格段に減りました。

私の経験として、メルカリで値段交渉を細かくしてきたり、他にも交渉を色々としてくる人はその後の取引もあまりスムーズでない印象があります。

購入後に商品説明にないことを求められたり、非常識な対応を取られることが格段に減りました。

商品が売れない場合は、値段交渉ではなく値段を下げればいつかは売れます。

値段交渉に応じない場合、商品が売れないのではという心配もありますが、なかなか売れない商品は値段を少しづつ下げていけばいつかは売れます。

メルカリはラクマと違いユーザー数も多いので、値段を下げていけばいつかはその商品を欲しいと思う人が買ってくれます。

ラクマはユーザー数が少ないですが、そちらの場合のお得な使い方はこちらにまとめています。

いつかは売れてしまうので、ローカルルールでの値段交渉にしたがうという必要はありません。

メールをチェックするだけで管理ができます

メルカリの仕様として、商品が売れた時と配送が必要な時、そして相手の評価が必要な時だけメールで連絡がきます。

ローカルルールに縛られることなく取引をしていれば、自分のメールアドレスにメルカリからメールが来た時だけチェックすればよく、頻繁にメルカリをチェックするという手間はかかりません。

購入の意思なくいいねをたくさん押されるのを嫌がる人もいますが、メールのチェックだけでメルカリを管理していればいいねを押されても気になりません。

まとめ

メルカリにはローカルルールという不思議な文化がありますが、あえてそちらに従わない方が簡単でした。

メルカリの使い方は人それぞれかと思いますが、シンプルな使い方が一番なのではという紹介でした。

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする