旅行中の隙間時間を活用するなら、KindleUnlimited がオススメ。使い方から解約まで。オススメの本も


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

私は海外に滞在している時、KindleUnlimited(キンドル・アンリミテッド)を利用しています。

とくに、旅行中は飛行機に乗っている間などの隙間時間や待機時間が多く、その間にはKindleUnlimitedで書籍をよく読んでいます。

旅行中はインターネット環境がないような状況も多くありますが、Kindleに書籍をダウンロードしておけばオフラインでも使用することができますので便利です。

はじめに言ってしまうと、読み放題と言っていますが正直読み放題になる書籍は限られており、数はそこまで多くありません。
ただ、旅行中などの限られた期間なのであれば、読み放題の書籍の数で不満を感じることはないと思います。

以下にオススメの書籍を紹介しますが、海外の小説やビジネス書の名著はかなり充実しているので、ういったジャンルを一気に読破してしまうという使い方もできます。

また、こちらのサービスは30日間の無料お試しもあり、1ヶ月区切りで申し込むことができるので旅行をする月だけ申し込んで旅行が終わればすぐにキャンセルしてしまえば月々の料金を支払わずに済ませることができます。

KindleUnlimitedとは

KindeUnlimitedとは、2016年に開始したアマゾンのサービスで、特定の書籍であれば読み放題で読むことができます。

私はこれまで、長期の海外滞在の時には加入をし、日本に帰ってきたら解約するということをもう5回ほど繰り返しています。

価格

KindleUnlimitedは月々980円で利用することができます。

そして、はじめの30日は無料です。

私は一番はじめに使った時には、その無料期間のうちに何冊も本を読んだので、十分に元を取れたかなと感じています。

私の場合、基本的には旅行に関係する書籍とビジネス書をよく読んでいます。

また、こちらはアマゾンプライムとは別料金です。
現在アマゾンプライムの会員の方も、さらに追加で料金を支払わなければならないことは注意です。

Kindleを持っていなくても利用可能。でも、やっぱりあったほうがいい

KindleUnlimitedはKindle端末を持っていなくても、iPhoneやiPadなどでもアプリを入れて読むことができます。

ですが、バッテリーの持ちや読みやすさ、目の疲れにくさなどから私はKindlePaperWhiteを利用しています。

KindleFireなどの他のAmazonから出ているデバイスもありますが、そちらを利用するのであればタブレットとしてはiPadの方が使いやすく、かといって書籍を読むにはPaperWhileには及ばないというどちらつかずになってしまうので、私個人としてはあまりオススメではありません。

オススメの漫画

読み放題で読める漫画のオススメです 

KindleUnlimitedの仕様上、こちらが読み放題で読めるかどうかは随時変わってしまうので購入の際には注意が必要です。

Unlimitedに加入しているのであれば、購入時に読み放題で読む、という表記が出ます。
こちらを確認の上、購入してください。

 
佐藤秀峰氏の漫画はほとんどがアンリミテッドで無料で読むことができます。
氏の作品であればブラックジャックによろしくや海猿が有名ですが、海外を旅行していると日本の歴史について質問されることが多いので私はこちらの漫画で特攻についての知識を深めて起きました。
 
こちらも、歴史を知るという意味でヨーロッパを訪れる前に読んでおきました。
 
 
 
さいとう先生の漫画は視野が世界にひらけているものが多く、こちらも大変面白く読めました。
手塚治虫先生の作品は多くが読み放題になっていて、私は旅行中の隙間時間に読んでいました。
 
 
 
インベスターZも一部は読み放題で読むことができます。
基礎ではありますが、投資について漫画で学べるのは便利です。
 
 

オススメの小説

私はKindleでは漫画よりも小説をよく読んでいます。
ビジネス書の名著も多く読み放題になっておりますので、未読の方はこちらを利用して読んでおくのもいいのではないでしょうか。

なんとハリーポッターを全巻KindleUnlimitedで読めてしまいます。
こちらのシリーズは昔、途中で投げ出してしまったのですが、今回は全部読むことができました。
辞書のように厚い本ですが、Kindleであれば手軽に持ち運べるのは助かります。
イギリスに行く前に読んでおきました。

スティーブ・ジョブズも傾倒していたという禅。
インドにて、ヴィパッサナー瞑想というものに挑戦したのですが、こちらの本に書いてあることはその体験とも通じるものがあり、興味深いです。

ヴィパッサナーの体験については、こちらの記事で書いてみました。 

こちらは、現在もタイに住む日本人の僧侶のお話。
タイの仏教に興味がある方は必読です。
こちら、タイトルは若干ふざけていますが、中身はちゃんとした紀行文です。
バイクでの旅ということで、若干ハードなスタイルですが、バックパッカーとしての紀行文はとても面白く読めます。
 

ビジネス書籍

KindleUnlimitedはビジネス系の書籍も充実しています。
とくに、海外のビジネス書の名著と呼ばれているもののラインナップが多く用意されています。

七つの習慣とともに、歴史的な名著であるこちらの本も、読み放題で読むことができます。

こちらも有名な書籍です。ビジネスというよりは自己啓発のニュアンスが若干強いですが、非常に内容の濃い本です。

こちらも有名な本です。こういった海外の有名どころの書籍が充実しているのはUnliitedの強みだと思います。

こちらは日本の書籍です。お金持ち本というと結構書いてあることが似通って来るのですが、こちらの本はそれをひとまとめにしていて、わかりやすく読むことができます。

こちらも、ビジネスというよりは経済本なのかもしれませんが、一昔前にあったデフレをわかりやすく解説してあり、理解が深まりました。

KindleUnlimitedの使い方

30日間無料のお試しをしてみると、こちらの読み放題で読むというボタンから、ワンクリックで書籍を読むことができます。

こちらをクリックすると、利用中となり、自分のKindle端末に配信されます。

一度に自分のKindle端末に配信できる書籍は10冊まで。
それ以上は読み終わったものを削除していけば問題ありません。

解約も簡単

こちらのアマゾンのページから、解約は簡単にすることができます。

無料お試しをしてすぐに解約手続きをしても、無料お試し期間である30日は利用をすることができます。

とりあえず試してみたいという方は、登録をしてすぐに解約手続きをすれば30日間利用することができる上に、自動的に有料になったりすることもありません。

Unlimitedに登録をして、変わった私の旅行のスタイル

KindleUnlimitedに登録をしてから、私の旅行で隙間時間の使い方は大きく変わりました。

Kindleにダウンロードをしておけばオフラインでも本を読むことができるので、飛行機の中や電車の中などの待ち時間に、何もすることがなくぼーっとしているということがなくなりました。

そして、オフラインの時だけでなく、たとえWifi環境があったとしても、空き時間に無意味にiPhoneを触ってブランジングをしたりするようなことがなくなり、全て読書の時間に使うようになりました。

とくに目的もなくブランジングをしているのと、書籍を読んでいるのとでは手に入れることのできる情報の質も量もかなり違ってきます。

KindleUnlimitedに加入をして、とりあえず手に取れば本を読むことができるという環境を作っておくことで、とりあえず暇になったら読書をするという習慣を簡単につけることができます。

特に、旅行中はオフラインになって待ち時間では手持ち無沙汰になりがちです。
読書習慣をつけるには、いいきっかけになるのではないでしょうか。

まとめ

あくまで書籍の数は少ないKindleUnlimitedですが、無料お試しを使って短い期間に良書を大量に読むという使い方はかなりお得感があるかと思います。

まとまった読書時間がないという方も、旅行中であれば待ち時間は多く、普段とは違う時間の使い方となるので、隙間時間を使って多くの読書をすることができるのではないでしょうか。

私はこうして隙間時間を使って読書をすることに慣れていくことで、読書を日常の習慣にもすることができました。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする