Airbnbで滞在中にトラブルにあったら。証拠はきちんと残しましょう


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

私は日本国内を旅行する時にも、最近はAirbnbをよく利用するようになりました。

現地の生活を体験する、といった気構えがなくても、単純に同価格帯のホテルよりも質のいい物件が多いのでお得感があります。

エアビーアンドビーの使い方や紹介クーポンに関しては、こちらのページでまとめてみました。
エアビーアンドビーを安全に使い切る。国内外情報。クーポンも。

今回、残念ですが宿泊した物件でちょっとしたトラブルがありました。

エアビーアンドビーはホテルと違い、ホストとゲスト双方の話し合いでトラブルを解決します。
そのために、トラブルがあった場合はきちんとした証拠を残したほうがよいでしょう。

泊まった宿にゴキブリが

今回、私が泊まった宿にゴキブリが出ました。
季節柄というのはありますが、一晩で見かけたゴキブリは四匹。

そのうち二匹は駆除しましたが、二匹は逃げてしまいました。

一匹なら仕方ないと思いますが、さすがに多いと感じたのでホストに連絡をとりました。

私が借りた物件は貸切タイプなので、ホストは同じ物件に住んでいる訳ではありません。

私が連絡をするとホストの方はすぐに返信をしてくれて、駆除用のスプレーを買ってきたらその料金を支払うと言ってくれました。

しかし、正直、私はゴキブリを駆除するためにその宿に泊まっている訳ではありません。
ホストとのやりとりに疲れてしまった私は、とりあえず宿泊をして、チェックアウトをしてからAirbnbに連絡をとりました。

 

トラブルがあった場合には、証拠があったほうがあると話し合いはスムーズに

Airbnbに連絡をとったところ、今回の件に関してホストと連絡をとってくれました。

そして、最終的にエアビーアンドビーが伝えてくれた対応は、残念ながら特にありませんでした。

ゴキブリが出たというのは確かに問題ではありますが、宿泊に決定的に問題があった訳ではないということと、出たという証拠がきちんと残っていないというのが対応が特にない理由でした。

詳しく話を聞いてみたところ、もし仮に今回のゴキブリが出たことをきちんと写真に撮って証拠として残してあれば、ホストが保証をしてくれなくてもエアビーアンドビー側からの金銭的な保証を受けることができたとのことでした。

もし、エアビーアンドビーでわたしのようなトラブルに遭うようなことがあれば、写真などでできるだけ証拠を残しておくことをオススメいたします。

エアビーアンドビーはホテルとは違う

今回の件で、改めてエアビーアンドビーはホテルと違い、あくまで民泊なのだということを実感しました。

今回のホストの対応に不満があったという訳ではありませんが、トラブルがあった場合も、全面的にフォローしてくれるという訳ではなく、ホストとゲストの立場を尊重して、そして双方を尊重した形での納得する解決方法を探していくといなければなりません。

そういったスタイルはホテルでの滞在にはないものです。

そのため、こういったトラブルがあった際にどのように対応しておくのがいいのか、あらかじめ知っておくのは重要です。

まとめ。こうしたことを受け入れていくことが、これから生きていくのに必要なのでは

エアビーアンドビーに限らず、Uberなどのいわゆるシェアリングエコノミーはこれからも広がって行くことでしょう。

一方的にサービスを享受する訳ではなく、お互いにシェアをすることでお得な価格でサービスを受けることができるというのは、今後の主流となって行くはずです。

そういった際に、今回のようなトラブルはどうしても一定の確率で起こってしまいます。
トラブルをどうして受け入れていくか、そしてトラブルが起こった時に自分の意見を主張するためにどのような材料を証拠して残しておくのかというのは、今後のシェアエコノミーが発達する社会で生きていくスキルの一つのように感じます。

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする