旅で出会った変な日本語


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

海外を訪れると、たまに変な日本語に遭遇します。

本人は一生懸命伝えようとしていても、日本人からしたら少しおかしい場合もしばしばです。

そんな、海外で出会った変な日本語を紹介します

チョットマッテ

ロンドンの中心地にあるパブの店名です。特に日本は関係ないお店です。
イギリス人は、いま、チョットマッテでお酒飲んでる、みたいな感じで普通に話しています笑

極度乾燥しなさい

 

これは結構有名です。イギリスのブランドで、ロンドンの一等地にお店を構え、世界各国に支店があります。
イギリスのオリジナルブランドですが、ほとんどの人はこちらを日本ブランドだと思っているそうです笑

E.A.Kラーメン

こちら、はじめとなんだかわからなかったのですが、E.A.Kラーメン、つまり家系ラーメンのことだそうです笑

確かに、中では豚骨醤油で太麺の横浜家系ラーメンを出していました。

YO!SuShi

こちらは、イギリスのチェーン店、YO!ShuShiです。

フォントの関係でソク寿司と見えたりもします。
ヨーロッパでは、このフォントがカタカナっぽいフォントとしてたまに日本文化を表現する時に使われています。

早い楽しい。YO!SuShiの店内の至る所でなぜかこう書かれています笑

人糞メニュー

こちらはなかなか衝撃的でした笑
韓国のソウルで見つけた人糞メニューです笑

ITALY 新幹線

こちらも韓国。なぜ新幹線なのかはよくわかりません。店内では偽物のブランドが売っていました笑

メイソウ

こちらも中国では有名なチェーン店です。ベトナムや韓国にもあります。

メイソウって意味わかる?って中国人に聞いて見たところ、あちこちいろんな場所を走り回るって意味でしょ?と言っていました。
メイソウ=迷走という意味でしょうか笑

ほとんどの中国人がこちらは日本ブランドだと思っているようです。

売っている商品はだいたいこんな感じで、なんて書いてあるのかよくわかりません笑


メキシコの街中にポンと置いてありました。
なぜこれがここにあるのかもよくわからなかったです笑

ピクチャオリジナル

スペイン,バレンシアの街中の印刷屋さんの前にありました。グーグル翻訳をそのまま書き出したのでしょうか。

いろいろ書いてありましたが、なんだか全くわかりませんでした笑

Eroski

こちらは別に間違っているわけではありませんが、トルコのバス会社です。

私が日本人とわかると、エロスキエロスキと笑いながらみんなで指差していたので、トルコの人も日本語での意味をわかっているようでした笑

日本地区への巡回路

こちらはドイツベルリンの駅の正面に大きく書かれています。

駅の正面にこちらがある意味がよくわかりませんでした。
なにか歴史的、政治的な意味があるのかもしれません。

おわりに

どうでしたでしょうか。
変な日本語はとくにアジアに多いイメージです。

間違っていたとしても、日本語が海外で聞けるとなんだか安心しますし、日本に興味を持ってくれているというだけで嬉しくも思います。

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする