マケドニア、スコピエの空港ラウンジ情報。空港までのタクシーに注意。宿情報も。


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

先日、マケドニアの首都スコピエに滞在し、スコピエの空港でプライオリティパスを使いラウンジを利用しました。

私も意外でしたが、スコピエの空港からはヨーロッパ各国への格安の飛行機が多く出ており、ちょっとしたバルカン半島への小旅行をしたいという方にはオススメの滞在先です。

今回の私の場合、スコピエからロンドンまで、イージージェットを使いわずか三千円で移動をすることができました。


このように、格安航空会社のカウンターが並んでいます

スコピエ空港のプライオリティパスが使えるラウンジ

マケドニアのスコピエには、プライオリティパスで使える空港ラウンジがあります。

こちら、出国審査を抜けた先にあるので、非常に見つけやすくすぐにたどり着けます。

中はかなり簡素な作りで、ドリンクとパンなどが置いてあります。

ブレてしまってゴメンなさい。こういう感じで、椅子が置いてあります。

こちらのラウンジ、出国ゲートの近くにあるので出発のギリギリの時間まで滞在をすることができます。

空港までのタクシーに注意

今回、私は空港まではバスを利用しました。

スコピエのバス停や街中では、私のように大きな荷物を持って空港に向かっている人にタクシー運転手がしょっちゅう声をかけて来ます。

タクシー運転手が提示してくる額は5ユーロなどと非常に安価で、バスは3ユーロほどなので非常に魅力的です。

しかし、あまりにも極端に安いことと客引きの強引さが目立つことから周囲の人に聞いてみると、そういったタクシー運転手は大体マフィアの下っ端で、タクシーに乗り込んだ客を脅してお金を奪おうとするから絶対に乗るなと言われました。
スコピエのタクシーには要注意です。

利用した宿

スコピエではUrban Hostel&Apartmentに宿泊をしました。

こちら、値段の割に宿の質が非常に高く、スタッフも丁寧でしたので大変オススメの宿です。

市内の移動に自転車を無料で借りることもできます。

Booking.comでも予約をすることができます。

まとめ

飛行機のアクセスの良さから、スコピエはバルカン半島への旅行の入り口としてかなりべんりな街だと感じました。

バルカン半島への旅行を検討している人は、参考にしていただけると嬉しいです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする