海外で差別にあったら


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

私はこれまで80カ国ほどを旅行してきましたが、残念なことにいろいろな国で差別を受けることがあります。

東洋人にとって一番遭遇するのがチーノ、チーノという中国人に対する蔑称を遠くから叫んでこちらをバカにしてくる行為です。
中国人に間違われること自体には私は全く不快ではないのですが、彼らの身振りなどが明らかにこちらをバカにしていることが多く、あまり心地の良いことではありません。

特に、ヨーロッパ、アメリカでの差別は残念なことが多かったです。

とあるレストランでの出来事

先日、アメリカの西海岸のとあるレストランに食事にいきました。

私を含めた日本人のグループで、英語でのコミュニケーションはできますが、ネイティヴな英語力はありません。

レストランに入りメニューを渡されると、ウエイトレスが私たちに対して何も言わずにメニューを指差す仕草をしました。
ウェイトレスは若い白人で、私たちの装いや発音から、私たちが英語が堪能ではないと感じたのでしょう。
言葉を全く発しずにただメニューを指差してオーダーをしろという仕草は、言葉が通じない私たちにまともに話をしても意味がないといった様子でした。

私たちはその彼女の態度に多少違和感を覚えましたが、そこまで気にせずに簡単なコース料理をオーダーしました。

すると、注文したはずのワインがなかなか出てこず、ようやく出てきたと思うと前菜とスープと一緒に出てきました。
通常、コース料理であれば一品一品が順番に出てくるはずです。
実際、他のテーブルを見ていると一品一品が順番に、食べ終わったタイミングで出てきています。
混み合っている店内でウエイトレスが、手間を省くために私たちのテーブルだけまとめて料理を出しているのは明らかでした。

楽しみで食事に来ていたそんなことで気分を害したくないと思い、私たちは気にせずに食事をしていましたが、その後私たちが前菜を食べ終わる前にメインディッシュとデザートが一緒に出て来てテーブルに並べられました。
テーブルは料理でいっぱいになり、さすがにおかしいと思った私たちはウェイトレスに言いました。
「私たちはコース料理を頼んだのだから順番に料理を出すのは当然でしょう。こうして、メインディッシュとデザートを一緒に出す店なんて聞いたことがありません。他のテーブルは順番通りに出ているのに、なぜ自分たちのテーブルだけこのような給仕をするのでしょうか。」

そう伝えても、そのウェイトレスはふてくされたような表情をするばかりです。私たちの英語の発音や文法がおかしいので、会話をしてもしかたないと感じているように見えました。

さすがにこのまま店をでるわけにはいかないと思った私たちは、そのレストランのマネージャーを呼びました。
この対応はおかしいのではないか。私たちが英語をきちんと話せない東洋人だから差別しているのではないか。
そう伝えると、差別、という言葉を聞いた瞬間にそのマネージャーの顔色は急変し、きちんとしたお詫びとともにその時のお代はいらないと言われました。

そのウエイトレスも私たちが差別といったことで自分のした重大さに気がついたようで、その後はずっとうなだれていてこちらにも謝罪をしてくれました。

差別という言葉にアメリカ人はかなり敏感で、こうして毅然とした態度をとるときちんとした対応を取ってくれます。

感情的な差別には、毅然とした態度で

私が感じる限り、ほとんどの人は差別が悪いことだとはわかっているようです。
しかし、自身が差別的なことをしている時に自覚がある人はあまり多くありません。
ほとんど無意識に、そして大した思考もなく感情的に差別的な態度をとっています。

そういった場合、レストランでのわたしたちのように、あなたのしていることは差別ではないのか。とはっきりと指摘してみるのが一番有効な手段なのではと私は思っています。

差別をしていると言われることでその人は自分が差別をしていることに気づき、そしてその態度を改めてくれます。

安全のために、無視をすることも大事

ただし、道端で若者に絡まれるというような状況では話が別です。

残念なことに、欧米で東洋人が現地の若者にからかわれるということはよくあります。
特に、わたしのような若い男性は多いのではないでしょうか。

からかい半分で差別をしてくる相手に、真面目に取り合っても意味がありません。
悔しい気持ちはありますが、そういった差別意識を持つ相手の心が貧しいのだと思い、そういった相手は無視することが一番です。

注意をしたりして下手に相手を刺激することで、もしかしたら相手から危害を加えられることもあるかもしれません。

多少の差別は諦めるというのも、現状では仕方がないことかなとは思います。

まとめ

異国での差別を受けることがある程度あるのは現状と仕方のないことなので、もし受けた場合はこちらもきちんとした態度で応じることが大事です。

きちんとこちらの意思を伝えることで、相手の態度は変わります。
そういった細かい積み重ねが、世界での日本人の立場に影響してくるのではないでしょうか。

また、韓国や中国の友人が、日本で差別的な対応を受けたということもよく聞きます。
そういった思い出を彼らにさせてしまったことを私は非常に恥ずかしく思いますし、日本だけでもそういった差別意識がなくならないものかと願っています。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする