ライアンエアー、ウィズエアー。ヨーロッパのLCCに乗るときの注意点まとめ


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

わたしはいま、ヨーロッパを旅行しています。
ヨーロッパを旅行する際に、国の移動で重宝するのが格安航空会社LCCの存在です。

こちらのスカイスキャナーでの検索結果のように、アジアやアメリカと違ってヨーロッパのLCCは数千円程度で乗れる場合も多く、本数も多いのでバスや電車と同じような感覚で使うことができます。
しかし、日本人には馴染みのないルールがあったり、罰則があったりすることも多いので、事前の確認は必須です。

チケット印刷の有無、チェックイン時のビザチェック、荷物の大きさ、空港の場所、登場ゲートと座席は間違いなくチェックしておく必要があります。

これまで私はもう数えきれないほどヨーロッパでLCCを利用してきました。
その経験の中から、注意点などをご紹介します。

チケットの印刷の有無は要チェック

ヨーロッパのLCCのなかでもたまにある独特の仕組みとして、チケットを自分で必ず印刷しないと行けない航空会社がいくつかあります。
とりあえず、空港に行けばなんとかなるんじゃないの、という甘い考えでは通用せず、それらの会社は印刷したチケットを持っていないと印刷代として高額の料金を請求されます。

例えば、ヨーロッパに多く就航するライアンエアーはチケットを印刷していないと70ユーロ(国内線だと45ユーロの場合もある)の印刷代という名の罰金を取られてしまいます。
もともと数十ユーロだった格安航空券ですが、こうして印刷代を取られてしまっては格安航空会社を使う意味がありません。

空港に向かう前に、自分の航空会社がチケットの印刷が必要かどうか、事前に確認しておきましょう。
ライアンエアーウィズエアーはチケットのプリントは必須です。
座席指定をしていない場合は搭乗日の一週間前からHPで印刷ができるようになります。プリンターがない場合はホテルなどで印刷をさせてもらっておきましょう。

ヴェリング航空ノルウェーエアシャトルはチケットの印刷は必要ありません。当日にチェックインカウンターに行けば、パスポートのチェックとともに発券されます。
イージージェットの場合は、スマートフォンのアプリでチケットの提示をすることもできます。アプリでのチケットを用意できない場合は、事前にプリントアウトしておきましょう。

チェックイン時のビザチェックは確実に

ライアンエアーやウィズエアーはチケットが手元にあるので、そのまま出国をしてしまいたくなりますが、国際線の場合はビザチェックという、到着先の国のビザの必要の有無を確認しておかないといけません
こちらをしていないと、搭乗口の前まで行って飛行機に乗れないということもあるので要注意です。

航空会社のチェックインカウンターに行き、自分でプリントアウトしたチケットにビザチェックを受けた証であるスタンプをもらってから出国しましょう。
(この手続きがあるので、自分でチケットを印刷する意味はほとんどないように感じてしまいますが、これらの会社はそのような方法を取っています)

上記のチケット印刷必須ではない航空会社も、こちらの国際線ではビザチェックを行うことがあります。
ユーロ圏在住でない日本人の場合、このビザチェックがあるためにオンラインチェックインができないことも注意が必要です。

いずれにしろ、格安航空券ではチェックインカウンターにいって確認をする場合が多くあります。
空港には2時間前についているようにしたほうがベターです。

支払いはデビットカードがお得

例えばイージージェットの場合、クレジットカードで支払いをする場合は手数料として2パーセントを余計に支払わなければなりません。
デビットカードを使えばこのような余計な手数料の支払いを回避できます。日本のカードでも支払い可です。

LCCではこのようにクレジットカードで支払いをすると決済手数料を支払う場合があるので、デビットカードを用意しておくと便利です。

手荷物の大きさも要チェック、超過した場合は服を着込むのもあり笑

LCCは大抵どこも手荷物一つは無料で機内に持ち込めるようになっています。
預け荷物の料金はそこまで安くないので、ヨーロッパではリュックサック一つで旅行をする人も多くいます。

ただ、持ち込みの荷物の大きさにも航空会社によって規定があり、そちらを超過しているとチェックインの際に高額の預け荷物料金を取られてしまうので注意が必要です。
だいたい、30リットルの大きさのリュックであればどこの会社でも問題なく機内持ち込みができる印象です。

また、もし、チェックインの際に、こちらの荷物は重量やサイズが超過していると言われてしまった場合は、中に入っている洋服を全て重ね着して着込んでしまい、リュックの大きさを小さくするというのも一つの手です。
間抜けな方法に思えるかもしれませんが、そちらで荷物の超過料金はだいたい逃れることができます。
 
 

空港の場所も要チェック

LCCに乗る際にチェックすることの一つとして、空港の場所も要注意です。
メジャーな航空会社が発着している空港には就航せず、その都市のはずれにある小さな空港から出ている場合もあります。

例えば、ポーランドのワルシャワには市内にショパン空港という非常に大きな空港がありますが、一部のLCCはそこから出ていません。
モドリンという空港がLCC専用の空港となっており、そこまで行くのには通常市内からバスや電車で1時間ほどかかってしまいます。

ロンドンのように、一つの都市に空港が沢山ある場合もあるので要注意です。

自分のLCCがどの空港から出るのか、そしてその空港まではどのようにして行くのかは事前にチェックしておく必要があります。

また、たいていのLCCの搭乗ゲートは空港の一番奥にあるので、出国手続きをしてから空港内をかなりの距離を歩くことになります。
搭乗時間に遅れないように注意が必要です。

機内のサービスは期待できない。

LCCなので、機内では食事や水のサービスはありません。
もし購入する際は機内は割高なので、事前に空港内で水などを買っておいたほうがいいかもしれません。

座席もかなり狭く、リクライニングはほとんど効きません。
ライアンエアーやウィズエアーは席の指定もなく、早い者勝ちで空いている席に座って行くスタイルです。

バスや電車に乗っている感覚と同じようなつもりで乗るのがいいかもしれません。

格安航空でもラウンジが使える場合が多い

注意点だけでなく格安航空を使うメリットの一つとして、空港のラウンジが使えるということもあります。楽天プレミアムカードに付帯するプライオリティパスを使えば、たいていの空港でラウンジが使えるのでお得です。
ヨーロッパのラウンジはアジアと違って混んでいることが少なく、サービスも良い場合が多いです。
(アジアではプライオリティパスのおかげで日本人がラウンジを非常に簡単に使いやすくなっているので、ラウンジのサービスが悪くなっているのかなと個人的に感じています。)

私はこちらのロンドンのルートン空港のラウンジをよく利用することがあるのですが、こちらのラウンジは食事も飲み物も充実していて、仮眠室やシャワールームも使うことができます。
数千円の格安航空券を買うだけでこちらのラウンジを使えるのはお得感があります。

まとめ

ヨーロッパのLCCはライアンエアーを代表に多少クセがあるものも多いですが、うまく利用すればかなりお得にヨーロッパを旅行することができます。

通常の航空会社のサービスとは全く別のものだという感覚で使ってみると、ストレスもなく乗れるかと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする