【スリランカ航空トランジットレビュー】コロンボのトランジットでの無料のホテルが利用可能。プライオリティパスラウンジもあり。市内への移動や観光も簡単


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

先日、時間に余裕があったことと航空券代金が安いということから、スリランカ航空にて東京からスリランカのコロンボを経由し、ロンドンまでのフライトを利用しました。

スリランカ航空は8時間以上のトランジットがある場合はコロンボにてホテルを手配でき、快適に過ごすことができます。

事前の確認が必須

コロンボの空港でのトランジットは事前の確認がなくてもホテルを提供されるという情報をいくつかのブログで拝見しましたが、私の場合は事前確認必須でした。

そのようなことは航空券を買った際にはどこにも書かれていなかったのですが、事前にスリランカ航空のオフィスに直接電話をし、自分の航空券番号とともにホテルの予約をしないとホテルを用意されないとのことです。
お恥ずかしながら、私はこの確認をし損ねてしまったのでコロンボにてホテルがないと言われてしまいました泣

スリランカの空港はネット環境が非常に悪く、現地でホテルを自力で手配するのはなかなか骨が折れる作業です。
間違いなくフライトの前に確認をしておきましょう

飛行機を降りると、入国審査の前にこちらのブッダの像が現れます。
自然に予約をしているとこちらの像の裏にあるカウンターにてホテルの案内をされるとのことです。

ホテルは日によって違うが、だいたい一泊10000円ぐらいのビジネスホテルを用意してくれるとのこと。
時間に余裕のある人にとってはお得です。

市内へは、自力で行きましょう

注意点として、ホテルは空港近くの場所となるため、コロンボ市内には出ることはできません。
コロンボ観光を希望する場合は、自分でタクシーやバスなどで市内に向かう必要があります。

バスは空港の出口の正面から出ています。だいたい1時間おきの出発で日本円で90円ほどです。市内まではだいたい1時間ほどです。ペター市場とという、コロンボ中心地に止まります。


こちらの写真ではバスは写っていませんが、右側のバス停のような場所にバスは止まります。左側の建物は空港の出口です。

タクシーが必要な場合は、空港で手配できます。だいたい片道3000円ぐらい。バスより多少早く着きます。

上記のように私はホテルを取得できなかったので、コロンボシティジャンボホステルを利用しました。
こちら、一泊500円という格安宿ですが、オーナーの人柄が大変よく、快適に過ごせました。
立地も良く、有名な観光地に歩いていけます。

コロンボ市内だけなら、1日で観光可能

私は夜に市内に着き、一泊して次の日の昼過ぎのフライトというスケジュールでしたが、朝早くに起きて数時間の観光でコロンボの主要な観光地は回ることができました。
コロンボだけの観光でしたら、このトランジットの合間の時間だけで十分かもしれません。


こちらはコロンボ中心地にあるヴィハーラ・マハー・デーウィ公園。朝からたくさんの人が掃除をしていて、とても清潔な公園でした。
コロンボは騒がしい街ですが、こちらはとても静かで癒されます。


こちらはガンガラヤーマ寺院の入り口にあった仏像。
内部は写真撮影禁止だったので撮ることができませんでしたが、たくさんの大仏が並ぶ様子は圧巻です。

どちらも中心地から徒歩圏内です。


こんな感じの水辺の寺院もあります。
仏教寺院ということもあり、インドとは様子が少し違います。


こんなスリランカカレーを食べました。
米粉ヌードルにカレーをかけて食べるスタイルはインドにはありませんね。
スリランカカレーは魚系のものが多く、スパイシーで美味しいです。

空港には、プライオリティパスラウンジもあり

楽天プレミアムカードを通じて取得することのできるプライオリティパスが利用できるラウンジもコロンボの空港では使えます。


Lutos Loungeというこちらのラウンジ、出国審査を過ぎて、すぐのところにあります。
こちらでもスリランカカレーを食べることができ、なかなか快適に過ごすことができます。

まとめ

トランジットの合間に観光となると忙しくなるかなと思っていましたが、思いの外快適に過ごすことができました。
インドと違い、スリランカは比較的移動もしやすく、変な人も少ないので安心しての滞在でした。

ヨーロッパに行く際、スリランカでトランジットをしてゆっくりと向かうのもありかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする