ESTAの申請には絶対注意、代理店に手数料を支払ってしまう可能性あり。私は間違えました


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です

5月までロサンゼルスに滞在していました。
アメリカに観光などで滞在する際には、ESTAという電子認証システム、ビザ免除システムを使うことになるかと思います。

こちら、申請自体は簡単ですが、代理店のページが非常にややこしくてそちらにうっかり代金を支払ってしまいました。

ネットで調べてみると私と同じようなことになった方は少なくないようなので、その注意喚起の記事です。

正規ページと代理店のページがややこしい

ESTAの申請、とGoogleで検索をすると複数のサイトが出ます。その中で、こちらのサイト
[blogcard url=”https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/”]
が正式なサイトです。
こちらからの申請は簡単で、料金も1700円ですみます。

トップページのイメージこちらです

そして、現在Google検索の三段目には、こちらのESTA Online Centreサイトが出てきます。
[blogcard url=”https://esta-center.com”]
こちら、ESTAの取得代理店のサイトです。

こちらからの申請も簡単ですが、申請料に7236円がかかってしまいます。
後術しますが、こちら非常にまぎらわしくできています。ご注意ください。

トップページのイメージはこちらです。

ESTA Online Centreは紛らわしい

私はこちらのサイトで間違えてESTAを申請してしまいました。
こちら、紛らわしい点として

1: 申請の代理店であると言う表記がわかりやすく書かれていない
2: 料金の支払い額がわかりやすく書かれていない
3: サポートに連絡をとりにくい
4: 代理店を挟むメリットがあまりない

ということがあります。

1と2に関して、確かにサイトを読み込めばこちらが申請の代理店であること、そして、ESTAの申請料金の1700円以外に申請手数料を受けることは書いてありますが、トップページには書かれておらず、こちらのページに書いてあります。
こちらのページをトップページから見つけるのはなかなか手間がかかり、あまり親切な作りとは言えません。
また、サイトのデザインやURLがシンプルなことから、私はてっきりアメリカ政府の公式のサイトだと思ってしまいました。

こちらのサイトで申請後に私のアドレスにメールが送られてくるのですが、そちらにも代理店を挟んだことやいくらが引き落とされるのかが明記されておらず、数ヶ月後にクレジットカードの明細を見るまで私は気づきませんでした。

3に関して、こちらの代理店は電話番号を公開しておらず、メールでの連絡の対応となります。
また、ネット上で調べたところ返事がこないということもあるそうです。
返金を要求しても、手数料として300円は支払わないといけないとのことでした。

4に関して、正式なサイトでも日本語で申請をすることができます。必要情報を記入して、料金を支払うだけのシステムです。こちらのESTA Online Cetnreでやっていることとほとんど変わりありません。こちらの代理店を挟むメリットはほとんどなく、そちらの代行と考えると正直手数料が非常に高いです。

消費者相談センター、米国大使館に問い合わせてみた

困ったので、消費者相談センターとと米国大使館に問い合わせをしてみました。

やはり、私のようなトラブルはよくあるそうで、大使館のHPや消費者相談センターのHPに注意喚起の文言は書かれているようです。
ただ、違法行為というわけではないので、取り締まることはできず、私のようなものに対しても適切な助言はできないというのが現実のようです。

消費者相談センターの注意喚起はこちらにあります。

まとめ。こういったわかりにくいことはブログなどでシェアしていきましょう

正直、ESTA Online Centreは悪意を持ってわかりにくく代理店であることと、申請手数料の記載をしていると感じました。
また、サポート内容も期待できるものとは思えませんでした。

もちろん、きちんと読み込まなかった私に責任があります。
しかし、こういった思いをする方が少しでも減るためには、こういった注意喚起の情報があると良いと思い、そしてこういった悪意のあるサイトが減ればいいと思いこちらの記事を書きました。
こういったわかりにくいことをわかりやすくリライトしてみんなに読んでもらうのも、ブログのあり方の一つでしょう。

アメリカ旅行に行く際には、ESTAの申請にご注意ください。

他の記事も読んでみませんか

他の記事でも、私は海外旅行、日常生活などをテーマに記事を書いています。

30歳になってわかったこと

少額訴訟をしました、心境は大きく変わります。

1ドルでも安く、ロサンゼルス節約滞在にオススメの方法


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする