1ドルでも安く。ロサンゼルス節約滞在にオススメの方法


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

先日からロサンゼルスに滞在しています。
米国は物価がどんどん上がっており、特にロサンゼルスでは宿泊費はかなり高額になっています。
そんなロサンゼルスに滞在する際に、1ドルでも安く過ごせるよう、貧乏旅行者向けの手間がかかっても1ドルでも安く済ますための節約術をお伝えします。

移動編

まずは空港からダウンタウンへのアクセスです。
ロサンゼルス国際空港から市内への安い移動は、空港をおりて正面の出口を出て、Gバスという緑色のバスに乗ります。
そちらのバスは空港正面の地下鉄の駅まで走っているので、そこまで乗ってAvitation/LAXという地下鉄の駅の前でおります。
そこから電車に乗ればすぐに市内に行くことができます。
Gバスが1ドル、地下鉄が1.75ドル、合計2,75ドルで空港から市内にいけてしまいます。

最安ですが、こちら、時間がものすごくかかることは覚悟して置いてください。
私の場合、空港から市内まで、合計で1時間半ほどかかりました笑

次に安いのはFlyaway という空港直行バスです。
こちらは到着ターミナルを出て正面にFlyawayという看板があるので、その通りに進んでいけば簡単に見つかります。
行き先はたくさんありますが、町の中心地にあるユニオンステーションに行けばとりあえず大丈夫でしょう。24時間、1時間に何本も出ているのでいつでも利用できます。
詳しくは、こちらのサイトにてチェックしてみてください。

他にも、タクシーやレンタカーで空港から移動するという方法もありますが、上記の二つに比べて料金がかなり高額になるので、ここでの紹介は省かせてください。

また、ロサンゼルスではウーバーも非常にポピュラーです。
もともとウーバーはアメリカの大都市を想定して作られたサービスですので、ロサンゼルスではその恩恵を十分に受けることができます。
時間と運にもよりますが、空港から市内まで10ドルちょっとで行けてしまうこともあるはずです。
日本ではほとんどメジャーではありませんが、ウーバーは本当に便利なサービスです。
二年前にロサンゼルスを訪れた時にはほとんど広まっていませんでしたが、今回の滞在でウーバーがかなりメジャーになっていることに驚きました。ちょっとした移動なら、時間によっては電車やバスよりも安く移動できてしまいます。


初めてウーバーを使う人は、こちらが私の紹介クーポンです

Uber初回クーポンプロモーション

宿編

ロサンゼルスで泊まる場所を探す場合、最安はAirB&Bでしょう。

関連記事:エアビーアンドビーを安全に使い切る、国内外情報。クーポンも

こんな感じでロサンゼルス中心で探して見ると、30ドル前後で泊まれる家が多いです。
シングルルームだったり、シェアルームだったりと条件はそれぞれですが、詳細はプロフィールから確認することもできます。

最大3700円オフのAirbnbクーポンはこちらから

次に安いのは格安日本人宿です。


ロサンゼルスには日本人経営の宿がいくつかありますが、その中でも格安なのはRoom & Boardingはまだ宿です。
こちら、ホームページが更新されていないのでここに記載されている価格は最新のものではありませんのでご注意ください。
二つの宿とも、かなり安い宿で宿泊ができる上、キッチンなどの設備も整っており、ダウンタウンへのアクセスも良いのでオススメです。
日本人経営ということで、やり取りはすべて日本語、宿泊者も日本人のみということで海外に来ている意味をあまり感じられないということもありますが、安心感ではこの二つは最高です。


私のオススメはRoom & Boardingで、ここは通常のアパートを旅行者に化しているような施設です。


個室の上に長期で滞在をすれば割引をしてくれることもありますし、滞在中の方はアメリカに長く住んでいてリタイアをした日本人の方達ばかりなので、色々と面白い話を聞くことができます。
キッチンも充実しています。

Booking.comエクスペディアからでも安ホテルは検索できます。
ロサンゼルスは非常に広いので、自分が行きたい場所を考えた上でホテルを選びましょう。
安ホテルと言ってもロサンゼルスのホテルは値段はそこそこするので、値段と立地をきちんと確認することが大事です。

関連記事:Booking.comを使い切る。クーポン情報もあり

私が止まった中では、安さを追求するならバックパッカーズパラダイスはおすすめです。
こちらは空港までの送迎もあるので、ロサンゼルスの空港について市内に向かうときは便利です。
ただ、あくまで安さを追求する場合にオススメのドミトリーの宿なので、セキュリティに問題はありますし、そこまで多くは期待できません。

他にも、コリアタウンの中にあるオアシスホテル、ダウンタウンの近くのバンブーホステルシンプルホステルなんかもオススメです。
シンプルホステルは上記のAirB&Bでも予約することができ、2017年4月現在ではそちらを経由して予約をすると17ドルほどで泊まることができます。多分、AirB&Bに計算をしたばかりのサービス価格です。

Booking.comではこちらから紹介クーポンの価格で泊まることもできます。
こちらも、利用していただいた場合は私に紹介クーポンが届くようになっているので、私にクーポンをあげてもいいよという方がいましたらよかったら使ってみてください。

食事編

ロサンゼルスで節約する一番の方法は自炊です。


キッチン付きの宿が多く、食料品店も多いので自炊は簡単にできるでしょう。
特に、ダウンタウンにあるリトルトーキョーやコリアンタウンでは日本人の口に合うような食材もたくさん売っています。

コリアンタウンのマーケットの様子はこんな感じ。ほとんど日本のスーパー見たいです。

ほとんど日本と変わらないお惣菜も売っています。


ちなみに、ロサンゼルスではこんなハワイ料理のポケが去年からかなり流行っているようであちこちで見かけます。
ハワイで食べるのとはまた違って、美味しいです。
アメリカでよくあるチップの文化も、こう言ったどんぶり系のお店は取らないことが多いのでわかりやすくていいですね。

食べ過ぎは注意ですが、ファストフードに挑戦してもいいかもしれません。
セブンイレブンでは、ホットドッグとジュースのセットが2ドルで売っています。

こんな感じでジャンク感の強い場所で売っています笑
ホットドッグは店員に言えば作ってくれます。

ダウンタウンの北にはコストコがありますが、そちらでもホットドッグと飲み物のセットは1.5ドルです。

日本には進出していないファストフードショップ、インアンドアウトも町のあちこちにあります。
こちらは7ドルでハンバーガー、ポテト、ジュースのセットがあります。
個人的には、アメリカのハンバーガーチェーンの中でここが一番美味しいです。日本に進出してほしいです笑

細かい雑貨編

細かい雑貨を買うなら、ターゲットという店で買うのが一番です。
これはアメリカのドンキホーテのような店で、ものすごく大きな店舗の中にありとあらゆるものが売っています。
値段も非常に手頃なので、日用品で困ったらとりあえずここに来れば問題ありません。

こちらの二重丸のようなロゴの店舗がそうです。
街のいたるところにあります。こちらはロサンゼルスのダウンタウンの中心地の店舗です。


こんな感じで店内は非常に広いです。

医薬品も置いてあります。



店内に唐突にバナナが置いてありました笑
こういう雑なところはアメリカっぽいです。

まとめ

ロサンゼルスは交通の便も悪く、宿も高いので、無計画に旅行をするとすぐにお金が飛んで行ってしまいます。
できるだけタクシーを使わず、宿もやすい場所を探す。レストランも本当に行きたいところだけしか行かずに、できるだけチップのかからないお店か自炊で済ます。
そういうちょっとした工夫でかなり無駄な出費を抑えることができます。

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする