海外で電話をかけたり受けたりするにはどうすればいい?


こんにちは、中山尚互(ナカヤマショウゴ)です

海外からの国際電話は非常に高額です。
例えば、私が先日ミャンマーから日本に国際電話をかけた時には、ほんの数分の使用で30ドルを支払いました。

そのような事態にならないよう、海外から日本に電話をかける時、もしくは日本からの電話を海外で受ける時に便利な方法の紹介です。

海外にかけるのであればまずはスカイプ

海外から日本に連絡をする時はスカイプが便利です。
こちらのアカウントを取得し、国際電話がかけられるようにしておきましょう

料金はこんな感じです。月額プランに入っていなくても、料金は安めです。

国際番号とは、各国に割り当てられた番号で、日本は+81です。
日本で使っている番号の頭のゼロを取り、こちらをつけてかけます。
例えば090-1234-5678という番号に電話をかける場合、+819012345678という感じです。

LineOutもわるくはない

Lineのアプリを入れているのであれば、その中のLineOutも使えます。こちらも初めは無料になっていますが、日本の固定番号にかけるのであれば有料登録は必須です。

料金はこんな感じでスカイプよりは若干高いですが、スカイプの初期登録がめんどくさいという方はこちらでもいいかもしれません。

こちらも、月額プランではなくてもいいでと思います。

電話を受けるのであればSMARTalk

上記の二つのサービスは、海外に電話をかけることができても受けることができません。
そのため、海外から受ける番号としてiP電話の番号を取得しておくと便利です。
IP電話の中でも、楽天コミュニケーションズが出しているサービスのSMARTalkですと、月々の固定費がかからないので便利です。
こちらから日本の電話にかけることもできますが、スカイプやLineOutに比べて料金が高いことと、通話があまり聞き取りやすくないことから、受ける専用にしておいた方がベターです。

フリーダイヤルの番号には注意

0120や0800で始まる番号へは、上記の方法からはかけることができません。
こちら、海外からかける方法はないといっていかもしれません。
そういう時は,メールアドレスなどでフリーダイヤルでない番号を問い合わせるなどして問い合わせをする必要があります。
ネット上で調べる、メールで問い合わせをする、公開しているフリーダイヤルではなくそちらの企業情報などに書かれている番号に問い合わせる、などの工夫が必要です。

まとめ

保険会社やクレジットカード会社への連絡など、海外から日本の電話にかけなければならない場合に便利な方法をあげてみました。
緊急時に慌てないように、事前にチェックしておくと便利かもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする