海外で暇になってしまった時。カウチサーフィンの勧め2(ハングアウト編)


こんにちは、中山尚互(ナカヤマショウゴ)です

今回は海外で退屈してしまった時にオススメの方法です。

一人旅ではたまに退屈してします。

私は今、ロンドンに二週間ほど滞在しています。
正直、退屈な時間が多くあります笑

大概の観光地は見てしまうと、どこに言っていいのかわからずに一人だとなかなか腰が重くなってしまいます。

そんなときはカウチサーフィンのハングアウトがオススメです。

カウチサーフィンって何?という方は、以前の記事を見ていただけると嬉しいです。
前回のカウチサーフィンのオススメの記事はこちらです

カウチサーフィンにアクセルをするのはこちら

カウチサーフィンには、滞在させてもらうホストを探すだけでなく、現地で落ち合う仲間を探せるハングアウトという機能があります。
要は、いま暇なんだけど落ち合って遊ばない? とカウチサーフィンを使っている人に呼びかけるサービスです。

使い方は簡単

カウチサーフィンのスマホアプリをダウンロードすると、トップ画面にこちらのようにBrowse Hangoutsというボタンがあります。(PCのブラウザにはありません。スマホアプリでしかないので注意です。)

こちらをクリックすると、自分の周囲で同じようにハングアウトをしている人がずらりとでて来ます。

例えば、私のいるロンドンでは今11時過ぎですが65人の人がこのサービスを使っていました。
この名前の下にあるWants to Grab Beersなどという表記で自分が何をしたいかをアピールすることができます。
この時間だと、一緒にお酒を飲んだりクラブに行きたい人が多いみたいですね。
昼間だと、お茶をしたり散歩をしたいという人がたくさんいます。

ここで、気になる人を見つけたらそのプロフィールにあるSay Helloというボタンを推して見ましょう
すると、相手にチャットのリクエストが送られます。
相手がこちらを承認してるれると、チャットができるようになります。

チャットの様子はこんな感じ。
どこで落ち合うかを決めます。
今から会いたい周囲の人、という条件でマッチングされたものどおしなので、落ち合う場所はスムーズに進んで行きます。

私はこんな出会いがありました

ハングアウトを通じて、私はこれまで、スペインでポーランド人と海に出かけたり、ロンドンでマカオ人と散歩をしたり、ハンガリーで日本人と一緒にお酒を飲んだり、ウクライナで現地の女の子と一緒に演劇を観に行ったりしました。
どれも、忘れられない思い出です。
そう行った経験こそ、旅の醍醐味であったり、人生の豊かさかなと思ったりもします。

皆さんも、良かったら試して観てください。
はじめは勇気がいりますが、本当に刺激的な体験です。

ほいでは!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする