バルト三国、旅行のまとめ(交通費、宿、おすすめなど)


こんにちは、中山尚互(なかやましょうご)です。

2016年10月に、10日間かけて、リトアニアラトビアエストニアの三カ国を旅行してきました。

ユーロが使えるうえにシェンゲン協定の国で物価も高くは無いので、旅行をするには非常に便利なところでした。

特に大きな観光地があるわけではありませんが、落ち着いた街並みは気に入りました。

移動

町の間の移動はバスを使いました。
鉄道もありますが、高い上に本数が少ないのであまり実用的では無いような気がします。

バスの会社は二つ

ecoline

Lux express

です。

ecoline は安いければ座席のクオリティはそこそこ、Lux expressは少し高いけれど快適でした。

ecolineは料金はほとんど定額ですが、Lux expressですと事前に買うとかなりの割引がされていてecolineよりも安く買うこともできます。

ecolineはバスの発着場所が町のはずれにある路線もあるので、事前の注意が必要です。また、チケットのプリントアウトは必須です。

宿

ビニュリスでは5ユーロホステルのドミトリーに泊まりました。

名前の通り一泊5ユーロです。
特に問題のないホステルで、コスパは非常に良かったです。
Booking.comでも予約をすることができます。

リガではリガホステルに泊まりました。

一泊7ユーロ、入り口がマクドナルドの奥にある謎の立地です。

この建物にはこれ以外にも安宿が3個入っています。

清潔で安く、大変満足度の高い宿です。

タリンではユナイテッドバックパッカーズホステルに泊まりました。こちらは日によって値段が変動しますが10ユーロほどから。人気の宿のようでいつも満室でした。

タリンには安宿はあまり無いようで、私のようなバックパッカーはだいたいここに泊まるようです。

どの国でもbooking.comで一番安い宿を選ぶというスタンスだったのですが、どの宿も清潔でとても満足でした。

バルト三国では、宿のインターネットはどこもかなり早く、ストレスを感じることもありませんでした。

オススメ

他の記事でも少し書きましたが、バルト三国ではどの都市でも無料のシティツアーに参加していました。

シティツアーは、町のインフォメーションセンターや宿のレセプションなどで詳しい情報を調べることができます。

もしくはこんなサイトで調べることもできます。

www.freecitytour.com

このツアーで私は何人も友人を作ることができ、ツアーが終わった後も食事をしたり散歩をしたりと一緒に過ごしました。

f:id:naopiro:20161024033553j:plain

それぞれの国について話し合ったのはいい思い出です。

旅行の情報交換もできました。

そこで出会った台湾の方に聞いた話では、タリンからロシアのサンクトペテルブルクには船でいけばビザなしで三日間滞在できるとのことです。

タリンからロシア、そしてフィンランドと移動していく旅行者も多いみたいですね。時間があればそういうルートも行ってみたかった。

他にも、リトアニアのカナウスという町ではバンジージャンプができるとのことで、韓国の女の子からその時の写真を見せてもらいました。

こういう出会いがあると、生まれも育ちも全然違う人通しが集まって話をするってのは本当に旅行の醍醐味だなぁとしみじみと感じます。

まとめ

バルト三国は移動もしやすく、見所も多くて他のヨーロッパとも雰囲気がかなり違うので、旅行先として非常に面白い場所です。

冬に私は訪れましたが、正直非常に寒かったので、夏の滞在をお勧めします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする